2010年12月15日

<松山ケンイチ>重文・清盛像と“初対面”「色黒で体を大きく」大河ドラマ役作りで肉体改造誓う

<松山ケンイチ>重文・清盛像と“初対面”「色黒で体を大きく」大河ドラマ役作りで肉体改造誓うまんたんウェブ 12月14日(火)11時55分配信

六波羅蜜寺で清盛坐像と対面した松山ケンイチさん

 12年のNHK大河ドラマ「平清盛」に主演する俳優の松山ケンイチさん(25)が14日、清盛ゆかりの六波羅蜜寺(京都市東山区)を訪れ、重要文化財の平清盛坐像と“初対面”した。平家の末裔(まつえい)である川崎純性(かわさき・じゅんしょう)山主(さんしゅ)の祈とうを受けた松山さんは「清盛にご祈とうしてもらっているような感じだった。この後ろ姿を絶対に忘れちゃいけないと思ってみていた。26歳の僕にしかできない清盛を表現したい」と意気込みを語った。清盛役が決定してから松山さんが京都を訪れるのは今回が初めて。

【写真特集】清盛ゆかりの六波羅蜜寺を訪れた松山ケンイチさんの表情

 平清盛は平安時代末期、武士の一大勢力だった平忠盛の跡を継いで平家を率い、保元の乱と平治の乱の戦いを勝ち抜き、武士として初の太政大臣になり、実質的に天下を握った人物。中国との交易で莫大(ばくだい)な富を握った。大河ドラマではこれまで、辰巳柳太郎さん、仲代達矢さん、金子信雄さんが演じており、松山さんは最年少の清盛役となった。

 松山さんは清盛塚や本堂、宝物殿を見学し、川崎山主の話に真剣な表情で耳を傾け、「ここに来て、清盛がいかに大事にされてきたかを感じた。清盛は悪者として描かれることが多いが、違うということをきっちり描いていかなくてはいけない」と決意を新たにし、川崎山主も「家族を愛し、国を愛した方と伝わっている。そのあたりをうまく表現いただければ」と話した。また役作りについて、「今はすぐに変えられない外見的な部分について考えている。自分の顔を見て海の男の清盛らしくはないと思う。体を大きくして、肌の色も浅黒い方がいいとか、そういうことを考えています」と明かし、晩年を演じる際はスキンヘッドにするのかと聞かれ、「かつら(にすること)はないと思います」と答えた。

 六波羅蜜寺を京都で最初に訪れた理由を磯智明チーフプロデューサーは「六波羅は平家発祥の地。伊勢から平家一門が京都に上がって最盛期には5000の平家ファミリーがこの土地を築いた、ゆかりの地。(松山さんが訪れる)第一歩にふさわしい」と説明した。

 大河ドラマで平清盛が主役となるのは、1972年の「新・平家物語」以来40年ぶり。清盛は、本当の親を知らないまま、武士の新興勢力・平氏の元で育てられた少年で、平忠盛も養父役という設定。武士が貴族たちから差別されていた時代に、瀬戸内海の海賊を束ね“武士の王”となり、貿易こそがこの国が豊かになる道だと人々に説く……という視点から描かれる。清盛の20〜30代をメーンに、清盛の死後、壇ノ浦の戦いまでをドラマ化する予定。(毎日新聞デジタル)

松ケン、逆オファー実らせ 『平清盛』主演の座を獲得


posted by ぴかまま at 06:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。