2010年12月22日

織田裕二、結婚後初公の場にも浮かれず 「今は仕事モード」

織田裕二、結婚後初公の場にも浮かれず 「今は仕事モード」オリコン 12月21日(火)17時39分配信

新ドラマ『外交官・黒田康作』(フジテレビ系)の制作発表会見に出席した織田裕二

 俳優の織田裕二が21日、東京・羽田空港新国際線ターミナルで行われた来年1月13日スタートの主演ドラマ『外交官・黒田康作』(木曜午後10時、フジテレビ系)の制作発表会見に出席した。織田は一般女性との結婚後初めての公の場となったが、来年の抱負を問われるも「2011年は黒田で始まって、黒田のことしか考えられない状態。プライベート? 今は完璧仕事モードですね」とキッパリ。俳優としての情熱をたぎらせた。

 同局50周年プロジェクト映画『アマルフィ』で織田が好演した『外交官・黒田康作』が連続ドラマとして“再々”登場。

舞台をイタリアからサンフランシスコ、メキシコ、日本に移し、“邦人を守る”という信念を持つ邦人テロ対策室所属の外交官・黒田(織田)と、柴咲コウ演じる頼りなくも空間認識能力に優れた地図オタクの女刑事・大垣利香子という新パートナーの“超異色コンビ”が、国境を越えて入り組んだ怪事件の解決に挑む様子を描く。

 映画、携帯ドラマに引き続き三度黒田を演じることになった織田は、「毎回毎回発見と、『本当に同じ男なんだろうか』と思うくらい新たな魅力を気付かせてくれるキャラクター。今回初めて日本に帰ってきます。お楽しみに」と期待をもたせた。また登壇者のなかでもひときわ弾丸トークで注目を集めた共演の香川照之の印象を問われると、「僕とのシーンはすごいシリアスで、とても真逆だった。そのストレスをここで出して(発散して)るのかな」と苦笑を浮かべた。

 黒田の元同僚の外交官でNPO団体「ボーダレス・エイド」主宰者・霜村毅役の香川は、会見冒頭で「イ・ビョンホンさんと同じ髪型にしてみました。たまたまかぶったんですけど」とテレ笑いを浮かべた。しかし黒田の旧友の情報屋・ジョン役で特別出演する韓国俳優のイ・ビョンホンは「全く気付きませんでした」。これを受けて香川は「僕だけでしたね……」とガックリ肩を落とした。また柴咲は来年の目標を「できることとやりたいことをどっちもやるっていう貪欲な1年にしたい!」と力強く語っていた。

 また会見前の写真撮影の際には、ビョンホンが集まった一般客の前に近付く場面もあり、集まったファンたちを喜ばせた。木曜劇場『外交官・黒田康作』(フジテレビ系)は来年1月13日(木)の初回放送のみ午後9時より2時間スペシャルで放送。

織田裕二「アマルフィ」連ドラで復活


posted by ぴかまま at 04:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。