2010年12月24日

インフルエンザ急増、流行突入 A香港型が最多 国立感染症研究所

インフルエンザ急増、流行突入 A香港型が最多 国立感染症研究所産経新聞 12月24日(金)12時44分配信

 全国でインフルエンザの患者数が急増し、流行入りしたことが24日、国立感染症研究所の調べで分かった。昨年は新型インフルの影響で8月という異例の早さで流行入りしたが、今年は例年並みとなった。流行のピークも1月下旬から2月上旬に迎えるとみられる。

 感染研によると、19日までの1週間に、全国に約5千ある調査対象医療機関から報告のあった患者は6758人で、前週の4480人から大幅に増加。1医療機関当たりの平均では1.41人となった。1医療機関当たりの報告が1人を超えたとき、感染研では「流行入り」と判断している。

 都道府県別で最も患者が多いのが佐賀県で1医療機関当たり8.26人。次いで長崎県(7.36人)▽北海道(5.87人)▽大分県(2.55人)▽宮城県(2.52人)−の順となっている。20都道県で流行の目安である1人を超えた。

 ウイルスのタイプ別では、A香港型が最も多く全体の63%。次いで昨年流行した新型が34%、B型が3%となっている。昨年は新型インフルエンザの流行により、季節性インフルはほとんど出現しなかったが、今年は季節性と新型が交ざって流行し始めた。

 新型に似たタイプで、季節性インフルとして、長年流行を繰り返していたAソ連型のウイルスは、昨年に続き今年もほとんど確認されておらず、新型の出現によって消滅した可能性もあるという。

ヨーグルトにはジャムetc. 風邪をひきにくくする“朝ごはんの10のワザ”


posted by ぴかまま at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。