2010年12月24日

小雪&松山ケンイチ「ひとりになる時間が必要」と同棲解消

小雪&松山ケンイチ「ひとりになる時間が必要」と同棲解消NEWS ポストセブン 12月24日(金)10時5分配信

 2009年に公開された映画『カムイ外伝』での共演がきっかけで熱愛に発展した小雪(34)と松山ケンイチ(25)。

10年1月のある会見では、堂々の交際宣言をした松ケン。またこのころには、それまで暮らしていた自宅マンションを引き払い、松ケンは小雪のマンションへと引っ越し、同棲をスタートさせた。このマンションの別室には、小雪の両親も住んでいて、いわば松ケンの“婿入り同棲”だった。

 あれから約1年、どうやらふたりの関係は新たな展開を迎えているようだ。ふたりと親しい関係者がこう語る。

「小雪さんは松山さんを残して、同棲していたマンションを出たんです。別のマンションを借りて、そこでひとりで暮らしているんです」

 いま小雪が暮らしているのは、同棲していたマンションから車で30分ほどの高級マンション。ふたりは破局してしまったのか…。真相を確かめるために小雪の父に話を聞いた。

――破局したんですか?

「へ!? 何いってるんですか(苦笑)」

――小雪さんは、松山さんと別のマンションで生活してますよね?

「ええ。はい」

――なぜ、松山さんは残っているのですか?

「その件については一切関与してませんし、お答えすることではないと思ってます」

“同棲解消”は認めたもののその理由については口を閉ざしたままだった…。その理由を小雪の知人がこう明かす。

「松山さんはいま数多くの作品を抱えていて、それぞれ性格が違うキャラクターを演じなければならないため、役作りも一苦労なんです。だから役者としてひとりになる時間も必要なんです。もちろん小雪さんも女優さんですから、その気持ちは痛いほど理解しています。それでひとりになりたいときに彼が出ていく形ではなく、自分が出て別に暮らして、会いたいときに会うという形のほうが、彼の負担にならないと考えたみたいですよ」

※女性セブン2011年1月6・13日号


posted by ぴかまま at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。