2011年01月27日

日本を侮辱の韓国MFが胸中を告白

日本を侮辱の韓国MFが胸中を告白SOCCER KING 1月26日(水)15時17分配信

自身のTwitterでパフォーマンスの真相を語るキ・ソンヨン

 25日に行われたアジアカップ準決勝の日本戦で先制ゴールを挙げた際、日本を侮辱するかのような猿のパフォーマンスをしたとして批判にさらされている韓国代表MFのキ・ソンヨンが自身のTwitterで事の真相を語った。

 キ・ソンヨンは試合後、Twitterに、「観客席にあった旭日旗を見た時は涙が出る思いだった」と書き込み、旭日旗がパフォーマンスの引き金だったと示唆。

さらに約5時間後には、「(パフォーマンスに対する)弁解ね……私は選手である前に大韓民国の国民だ」とのコメントを掲載。事実上、日本人に向けて意図的に人種差別的なパフォーマンスを行っていたと認めた。

 猿の物まねは、白人が東洋人に対して侮辱の意味を込めて使うことが多い。過去にキ・ソンヨン自身も人種差別行為を経験した“被害者”でもあった。しかし、今回の行動により非難の的となることは避けられず、FIFA(国際サッカー連盟)により処分される可能性も浮上。

 長谷部誠とパク・チソンの両国キャプテンら、多くの選手たちはお互いの健闘をたたえ合うコメントを残していたが、この行為により後味の悪さも残る日韓戦となってしまった。

アジアカップ“日韓戦”の平均視聴率35.1%、瞬間最高視聴率は40.6%

日韓戦の死闘の果てに見えたもの。日本代表が露呈した“別の顔”とは?・・本田「優勝して日本に帰る」神パス&PKで“アジアの虎”蹴散らした…アジア杯
川島 神がかりセーブ連発で貫録の“どや顔”
<サッカー>アジア杯、日本決勝へ PK戦で韓国降す


posted by ぴかまま at 05:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。