2011年01月28日

韓国メディアが日本代表の成長を称賛「楽しい韓日戦の時代は終わった」

韓国メディアが日本代表の成長を称賛「楽しい韓日戦の時代は終わった」SOCCER KING 1月27日(木)14時19分配信

韓国メディアは日本の成長を称賛するとともに、今後の韓日戦に危機感を抱いているようだ

 25日に行われた準決勝で日本に敗れた韓国。これを受けて、韓国『朝鮮日報』は「楽しい韓日戦は終わった」とし、日本の成長を称賛している。

 日本との対戦成績は、準決勝前まで40勝12敗21分けと大きく勝ち越しており、最近の対戦でも2005年8月の東アジア大会で1敗を喫して以降、2勝3分けと優勢だった韓国。しかし、今回の対戦では日本に試合の主導権を奪われ、特に前半はスピーディーなパス回しについていけず、慌てる場面が目立った。

 また、インターセプト数や枠内シュート数、総得点数でも日本を下回っており、日本がかつてのように容易な相手ではなくなったという事実を深く実感したようだ。

 今大会で、日本と韓国はともにバルセロナに似てきたとの評価を受けていたが、今回の韓日戦でよりバルサらしかったのは日本のほうであり、韓国の専門家たちも「日本は南アフリカ・ワールドカップでのベスト16進出以降、恐ろしく成長した。両チームに優劣をつけにくくなり、今後はどちらかが一方的に圧倒するのは難しいだろう」とコメント。韓国は今後、“本物のライバル”となった日本を相手に、毎回厳しい勝負を覚悟する必要があるのかもしれないとしている。

 約5年半ぶりとなった日本戦での敗北。しかし、この1敗は韓国サッカー界にとって大きな打撃となったようだ

日韓戦の死闘の果てに見えたもの。日本代表が露呈した“別の顔”とは?・・本田「優勝して日本に帰る」神パス&PKで“アジアの虎”蹴散らした…アジア杯


posted by ぴかまま at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。