2011年01月28日

「すでに離婚届けを渡している」 高城氏が沢尻に突き付けた正式離婚の条件とは?

「すでに離婚届けを渡している」 高城氏が沢尻に突き付けた正式離婚の条件とは?2011/1/27 19:05

渦中の高城氏が明かした真相とは?

 沢尻エリカとの離婚騒動の渦中にある高城剛氏が27日、日本テレビの単独取材に応じ、「エリカには、すでに離婚届を渡している」という新事実を明らかにした。

 高城氏に近い関係者によれば、同氏は昨年10月からスペインで沢尻と同居生活を復活させたが、その際、沢尻は「(高城氏のことは)嫌いじゃないけど、(今後の芸能活動のために)離婚はしたい」というようなことを口にしていたようだ。それを受けて、「これまでもエリカの希望は基本的にはすべて聞いていた。今回もそう」という高城氏が、離婚届に判を押して、沢尻に渡したという。

 これを受けて、沢尻は先日の「離婚合意」発言を行ったようだが、高城氏は「寝耳に水」とコメント。というのも、正式離婚には条件があり、「離婚を決意するまでに起こったことを、2人の親にはもちろんのこと、騒がせた世間にもオープンにする」(高城氏)というものだったそうだ。関係者によると、スペインで弁護士立ち会いのもと、その条件を文書にして確認しあったはずだが、沢尻はそれを無視して、事前に高城氏への相談なしで離婚合意とだけ発表したようだ。

 さらに「(沢尻が)エイベックスと契約するには、離婚が条件」とこれまで報道されてきたことに対して、高城氏は「エリカも、(エイベックスの)松浦社長からそう言われた、と語っていた」と発言。先日、松浦氏は自身のTwitterで「離婚は契約の条件ではない」と公言していた点と食い違いを見せている。

「スポンサーであるたかの友梨のイベントに出るために、今月上旬に沢尻が単独で帰国して以降、高城氏とは連絡を取り合っていない。そういう中で、勝手に離婚合意を発表し、その後も高城氏と連絡を取ろうとしない沢尻は、大人として、社会人としての常識が皆無といっていいでしょう。これまで沢尻のわがままをさんざん聞いてきた高城氏も、さすがに呆れています」(前出の関係者)

 当サイトでも報じてきた通り、昨春に勃発した離婚騒動の裏では、芸能界の魑魅魍魎が跋扈してきたわけだが、「そうした裏側の動きを明らかにした上でなら離婚をしてもいい」という、キビシイ条件を突きつけた高城氏。現在、マレーシアにエステ旅行中という沢尻は、高城氏との「最後の約束」を守ることはできるのだろうか?

沢尻エリカ、高城剛氏と離婚で合意 涙ながらに活動再開を訴える


posted by ぴかまま at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。