2011年04月27日

<相武紗季>特殊メークで体重85キロに リバウンドヒロインに挑戦

<相武紗季>特殊メークで体重85キロに リバウンドヒロインに挑戦まんたんウェブ 2月15日(火)7時1分配信

連続ドラマ「リバウンド」に主演する相武紗季さん

 女優の相武紗季さんが4月にスタートする日本テレビの連続ドラマ「リバウンド」(毎週水曜午後10時)に主演することが明らかになった。

「ケーキ依存症」でリバウンドするヒロインを演じる相武さんは、特殊メークで体重85キロに太る姿も披露。「初めての特殊メークで太った姿の自分を想像し、わくわくしました。連ドラの中で、なかなか体験できないことをやらせてもらえるので、見てくださる方々へ、驚きや、新しい刺激を与えられるよう頑張ります」と意気込みを語っている。

 ドラマは、「女王の教室」「曲げられない女」などを手がけた遊川和彦さんのオリジナル作品。松山市のトンカツ屋に生まれた大場信子(相武さん)は、トンカツとケーキ三昧の生活を送り、小学6年生で体重60キロに。20歳のころには85キロに達していた信子だったが、太っているのが原因で彼にふられ、一念発起しケーキ断ちをして37キロものダイエットに成功。モード系ファッション誌の編集者にもなれた。

 ところが、かつて「苺のショートケーキ」で信子を魅了したパティシエの息子「スウィート王子」こと今井太一(速水もこみちさん)を取材したことから、“禁断”のケーキを口にすることになってしまい、ひたすらケーキを食べ続けるようになってしまう……というストーリー。相武さんと速水さんは08年の「絶対彼氏」以来3回目の連続ドラマでの共演で、信子の親友、三村瞳を栗山千明さんが演じる。

 劇中の特殊メークは、「篤姫」「天地人」などの大河ドラマや「JIN−仁−」なども担当した特殊メーク制作会社「メイクアップディメンションズ」が担当。相武さんは約1カ月前に工房で全身の型を取った。83〜85キロの体を想定したボディースーツを着用、手足にも特殊メークで肉を付けるといい、メークには2〜3時間を要するという。リバウンド経験はないという相武さんだが「原作のドラマが多い中、オリジナルにこだわった作品だったので、やりがいがあると感じました。とても楽しみにしています」と抱負を語っている。(毎日新聞デジタル)


posted by ぴかまま at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。