2011年03月28日

スピッツ・草野、急性ストレス障害で3週間療養 全国ツアー4公演見送り

スピッツ・草野、急性ストレス障害で3週間療養 全国ツアー4公演見送り オリコン 3月28日(月)7時26分配信

草野マサムネ急性ストレス障害で公演見送りを発表したスピッツ

 4人組ロックバンド・スピッツが28日、ボーカルの草野マサムネが東日本大震災の影響で急性ストレス障害を患ったため、4月3・5・7日に予定していた全国ツアー3ヶ所4公演(鳥取、山口、広島)の開催を一旦見送ると公式サイトで発表した。草野は17日に受診し、約3週間の療養を要すると診断された。公演の延期もしくは中止は未定。

昨年7月には草野の急性咽喉頭炎で大阪公演が延期に…

 草野は、11日に発生した東日本大震災の大きな揺れ、連日報道される被害の甚大さ、福島第1原発の深刻な状況などに過度なストレスを受け、精神的な病に発展。17日に受診後、療養しているが、現時点ではツアーを開催できる状況には至っていないとの判断から、苦渋の決断を下した。

 公式サイトでは、メンバーの三輪テツヤ(ギター)、田村明浩(ベース)、崎山龍男(ドラムス)と所属事務所社長が連名で、チケットの購入者に陳謝したうえで「幸い、急性ストレス障害は一過性のものです。一定の時間が経てば必ずと言ってよい確率で回復します。現在の草野も確実にその回復過程にある」と病状を説明している。

 順調に回復すれば、4月13日の東京・NHKホール公演からツアーをスタートするとし、「どうか今しばらくの時間をください。被災地の皆さんに向け、全国の皆さんに向け、一刻も早く“自分たちのやるべきこと”を行動に移せるよう、精一杯の努力を続けてまいります」とコメントしている。

 なお、本ツアーは27日の埼玉公演を皮切りに、ホール28公演・アリーナ7公演の全35公演が予定されていたが、震災の影響で初日公演および31日・福島公演の開催を見送っており、今回の発表も含め、計5ヶ所6公演が未開催。振替公演もしくは中止は、決まりしだい公式サイトで案内される。


posted by ぴかまま at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。