2011年04月04日

「てっぱん」平均視聴率17・2% 震災後「ゲゲゲ」の最高に並ぶ

「てっぱん」平均視聴率17・2% 震災後「ゲゲゲ」の最高に並ぶ産経新聞 4月4日(月)12時21分配信

NHK連続テレビ小説てっぱん」のクランクアップ。ヒロインの瀧本美織、富司純子

 2日に放送を終了したNHK総合の連続テレビ小説「てっぱん」の全回を通しての平均視聴率が、関東地区で17・2%、関西地区で16・2%だったことが4日、ビデオリサーチの調べでわかった。前作「ゲゲゲの女房」と比べ、関東で1・4ポイント低く、関西で0・3ポイント高かった。

 最終回の平均視聴率は関東地区22・0%、関西地区17・5%だった。

 同番組は東日本大震災の影響で3月12日に放送を休止、19日に再開しており、23日には関東地区で全回を通して最高となる23・6%を記録、「ゲゲゲ」の最高と並んだ。

 また、過去10年に放送された計20作の朝ドラの中で、関東地区での平均視聴率は11位だった。

瀧本美織号泣…NHK「てっぱん」撮影終了


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。