2011年04月19日

JIN-仁-』、初回視聴率23.7%で前作上回る好発進

JIN-仁-』、初回視聴率23.7%で前作上回る好発進オリコン 4月18日(月)10時2分配信

主人公・南方仁(大沢たかお)と橘咲(綾瀬はるか

 俳優・大沢たかお主演の人気医療ドラマ『JIN-仁-』(毎週日曜 後9時〜 TBS系)の第1話が17日に放送され、平均視聴率23.7%(ビデオリサーチ調べ・関東版)を記録し、09年の前シリーズ初回視聴率16.5%を上回る好スタートを切った。

瞬間最高視聴率も午後9時26〜27分に、26.0%をマークするなど期待度の高さが視聴率に直結。大沢をはじめ、内野聖陽演じる豪快な坂本龍馬や綾瀬はるか演じる橘咲など、前作の主要キャストに加え、初回では市村正親や藤本隆宏らも登場。いずれも歴史に名を残す偉人たちを、魅力的に演じた。

 前回から2年を経て、まだ現代に戻れずにタイムスリップした江戸の町で医者として過ごす主人公・南方仁。今回は坂本龍馬に助けを求められ京都へ渡り、そこで西郷隆盛や佐久間象山といった日本の歴史に欠かせない偉人たちに出会い、命を救うことに。江戸時代、医療器具も薬品も満足に揃わないなかで懸命に “命”を救おうと立ち上がる『仁友堂』の南方先生は、今回も健在だ。

 次週は女優・黒川智花演じる皇女和宮や、元・花魁の中谷美紀演じる野風も仁友堂に戻ってくるなど新たな展開を見せる同作。放送前に世界80ヶ国で放送されることが決定するなど国内外から高い期待を寄せられ、春の新ドラマを対象に実施した『春のドラマ期待度ランキング』(4月12日発表・オリコン調べ)では、総合でも男女別でも1位に支持されており、今後もさらに注目が高まるのは間違いない。新たな記録更新に期待がかかる。

『JIN-仁-』最新作、世界80ヶ国で放送決定〜放送前の契約成立は開局史上初

綾瀬はるかと大沢たかおの破局説を追う!!


posted by ぴかまま at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。