2011年04月28日

プロダクション衝撃…田中実さん自殺した本当のワケ

プロダクション衝撃…田中実さん自殺した本当のワケ夕刊フジ 4月27日(水)16時56分配信

田中実さん

 NHK連続テレビ小説「凛凛と」に主演するなど数多くのドラマ、映画で活躍した俳優の田中実さんが25日午後、自宅マンションで、首をつって死亡した。自殺とみて警察が調べているが、44歳という俳優人生で最も脂ののった時期にいったい何があったのか。 

 警視庁池上署などによると、25日午後3時すぎ、東京都大田区下丸子の自宅マンションで家族が見つけ、119番した。病院に運ばれたが、すでに息を引き取っていた。目撃住民によると、担架で運ばれる田中さんの顔面は真っ青で、パート先から駆けつけた妻は泣き崩れていたという。

 家族は妻と長男、名門中学に通う長女の4人暮らし。昨年12月に大手のオスカープロモーションに移籍したばかり。「悩みは聞いていない。仕事もなかったわけではなく、撮影済みの2時間ドラマなどもあったようだ」とプロダクション側も驚く。だが、田中さんは4月11日付ブログで、「下を向いて考える時はどこか気持ちが沈んでいるような…」と不安な思いを綴っていた。

 自殺原因は不明だが、テレビ業界を取り巻く、厳しい環境について民放関係者が明かす。

 「景気悪化による広告収入減や地デジ化への設備投資で昨年来、ドラマの制作現場ではギリギリの経費節減や人員の整理が行われた。そこに大震災がきて、『完全に干上がった』と悲鳴が上がっている」

 田中さんは、かつて水谷豊(58)主演の刑事ドラマ「刑事貴族」シリーズで実直な刑事役を好演したこともあるが、最近は単発の仕事が多かったようだ。

 「震災以後の番組編成を見ると、過去の人気ドラマの続編が多い。セットの一部などを使い回せるし、新しい役者のキャスティングなどに労力をかけず、出費を抑えられる。午後7時半以降の収録には“ロケ弁”を出す決まりなので、午後7時に切り上げるロケがあるくらいです」(民放の外部制作スタッフ)

 俳優にとって、CMやバラエティー、通販番組などのギャラも貴重な収入源だが、こちらも逆風が吹いているという。

 「俳優や歌手よりギャラのランクが低いマツコ・デラックスに代表される“文化人”枠のタレントが重宝がられている。芸歴の長いベテラン俳優ほど厳しい」(広告会社のキャスティング担当

田中実さん自殺「考えられない」「いいパパ」サンケイスポーツ 4月27日(水)11時46分配信

 2時間ドラマの常連で、NHK連続テレビ小説「凛凛と」の主演でも知られる俳優、田中実さん(44)が25日午後、都内の自宅マンションで首をつって死亡していたことが26日、分かった。

 田中さんが約4年前から通っていた自宅近くの焼き鳥店店主は「自殺なんて考えられない」と絶句した。

 最後に訪れたのは先週末。常連客とビールを飲みながら約1時間、会話を交わした。常連客の1人は「俳優としてもう一段上のレベルにいきたいとよく話していた。マジメな性格だから悩みを抱えていたのかも…」と肩を落とした。

 近所の主婦(69)は「近くの公園で子供の世話をするいいパパだった。悪い噂は聞いたことはない」と話していた。

田中実さん、自殺の前日に担当マネージャーと電話で会話 撮影現場に姿を見せず 母親が遺体を発見NHK朝ドラなどに出演の俳優、田中実さんが死亡


タグ:田中実
posted by ぴかまま at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。