2011年05月20日

江角マキコ、4年ぶり連ドラに「いい緊張」…日テレ系「ブルドクター」

江角マキコ、4年ぶり連ドラに「いい緊張」…日テレ系「ブルドクター」スポーツ報知 5月20日(金)8時2分配信

 女優の江角マキコ(44)が4年ぶりに女優復帰することが19日、分かった。

日本テレビ系連続ドラマ「ブルドクター」(7月スタート、水曜・後10時)に主演し、法医学者を演じる。

医療ドラマは初挑戦。2009年11月30日に第2子となる男児を出産し、最近はバラエティー番組やCMを中心に活躍していたが、満を持しての女優業再開。「ショムニ」などの当たり役を持つ江角が、再びドラマ界を盛り上げる。

 存在感あふれる人気女優がドラマに戻ってくる。2007年7月クールのTBS系連続ドラマ「地獄の沙汰もヨメ次第」に主演して以降、女優業を控えていた江角。03年1月に結婚したフジテレビディレクターとの間に09年11月30日、第2子となる男児を出産。最近はバラエティーや料理番組、CMを中心に活躍していた。

 「ショムニ」などの当たり役を持つ江角が、満を持して演じるのは法医学者の「珠実」。見過ごされそうな暴行死や子供の虐待死などの真相を明かすために手段を選ばず奔走する。タイトルについて、戸田一也プロデューサーは「信念の強いドクターがブルドーザーのように突き進んでいくという意味を込めた」と説明。脚本はフジテレビ系「フリーター、家を買う。」「不毛地帯」などを手掛けた橋部敦子さんが担当する。

 医療モノ初挑戦の江角は「今回の役は“最強の女”なのでいい緊張をしています」と台本を読んで役のイメージを膨らませている。「4年ぶりのドラマを橋部さん、素晴らしい俳優の皆さんとご一緒できることを幸せに思っています」と収録が待ちきれない様子だ。

 江角と対立するキャリア刑事の「知佳」を女優・石原さとみ(24)が演じる。刑事役初挑戦で、江角とは初共演。「刑事役をやる日がくるなんて自分も大人になったなぁと思いました。新しいことに挑戦することは好きなので、今から楽しみにしています」と新境地の開拓に意欲をみせている。

 知佳と交際中で、珠実に反発する法医学教室の准教授役にはSMAP稲垣吾郎(37)。97年10月クールの日本テレビ系「恋の片道切符」以来、14年ぶりに江角と共演する稲垣は「再会が楽しみです。今回の役どころは謎多き男なのでどんどん物語を引っかき回して盛り上げて、ドラマ全体の力になりたいと思います」と“キーパーソン”として意気込んでいる。

 ◆江角 マキコ(えすみ・まきこ)1966年12月18日、島根・出雲市生まれ。44歳。高校卒業後、バレーボールで実業団入り。肩の故障を機にモデル転向。95年映画「幻の光」で女優デビュー。フジ系「ショムニ」、TBS系「それは、突然、嵐のように…」など主演多数。代表作の「ショムニ」は98〜03年までシリーズ化され、最高視聴率28・5%(ビデオリサーチ調べ)を記録。映画は「命」「ピストルオペラ」など。

江角マキコ、第2子出産からわずか5か月で『グータンヌーボ』に“スピード復帰”


posted by ぴかまま at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。