2011年06月20日

綾瀬はるか、堤らにドヤ顔も天然キャラで最後は謝罪 『プリンセス トヨトミ』舞台あいさつ

綾瀬はるか、堤らにドヤ顔も天然キャラで最後は謝罪 『プリンセス トヨトミ』舞台あいさつオリコン 6月19日(日)19時20分配信

映画「プリンセス トヨトミ」の舞台あいさつに登壇した綾瀬はるか.

 女優の綾瀬はるか、堤真一らが19日、都内で行われた映画『プリンセス トヨトミ』大ヒット御礼&父の日舞台あいさつに出席。過去の舞台あいさつで大阪城を「お寺っていいですね」とコメントし、観客の爆笑を誘ってきた綾瀬だが、堤から「大阪城には元々お寺が建っていたみたいで、あながち間違いじゃなかったかも」と告げられると「ほら、みろ! みんなしてバカにして」と“ドヤ顔”。しかしその後は、「父は器が広い」と発言するなどこれまで通りの天然キャラ炸裂で、最後まで気の利いたコメントを残せずに「すいません…」と謝罪した。

 節電対策でクールビズを実施している世のお父さん方にちなみ、鈴木雅之監督を含む3人は夏を先取りした涼しげな浴衣姿で登場。堤は綾瀬を見て「本当にベッピンさんだね〜」とベタ褒めしたが、綾瀬は「さっき舞台裏で、『旅館のお風呂上りみたいだね』と言ってしまいました…」と暴露し、会場の笑いを誘った。

 “大阪国”を舞台に奇想天外なストーリーが展開する同作が観客動員数100万人を突破したことを受け、堤は「そんなに行くとは思ってなかったので本当に嬉しい。また皆さんにお会いできて幸せです」と喜んだ。締めのあいさつを堤に押し付けられた綾瀬は、堤を睨みながら「年に1度の父の日を忘れずに毎年過ごしてください。夏は浴衣で過ごしてください」と精一杯のコメントを口にした。

 同作は『鴨川ホルモー』など独特な世界観で高い評価を得ている人気作家・万城目学の小説を映画化した奇想天外な歴史ミステリー。国家予算が正しく使われているかを調査する会計検査院の調査官に扮する3人が、“大阪国独立”という400年にわたる秘密を守り続けてきた大阪の男たちの謎に迫る。

綾瀬はるか、『ホタルノヒカリ』で人見知りを克服


posted by ぴかまま at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。