2011年06月28日

上半期ブレイク俳優、1位は向井理 〜鈴木福ら子役陣も台頭

上半期ブレイク俳優、1位は向井理 〜鈴木福ら子役陣も台頭オリコン 6月28日(火)10時10分配信

上半期“ブレイク俳優” 1位に選ばれた向井理

 2011年も間もなく後半戦へ突入。

そこでORICON STYLEでは、この半年間を振り返り『上半期に最もブレイクしたと思う若手俳優』について、10代・20代の男女を対象としたアンケートを実施。1位には、昨年のNHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』で一気に知名度を上げ、この上期も映画『Paradise Kiss』や初の舞台出演など、さらなる飛躍の道を辿った【向井理】が選ばれた。

この結果を受けた向井は「このように多くの皆さんに選んで頂けてとても光栄です。これからも日々精進して参ります」と喜びつつも、下期へ向けて襟を正す。また、上位にはドラマ『マルモのおきて』(フジ系)で人気を博す【鈴木福】(7位)、TOP10外ではあるが【濱田龍臣】の名前が挙がり、子役たちの活躍も目立つ結果となった。

 昨年の『ゲゲゲ〜』をきっかけにブレイクした向井だが、今年になってもその勢いが止まらない。2月に初舞台『ザ・シェイプ・オブ・シングス〜モノノカタチ〜』で“カッコ悪い男”を演じたかと思えば、公開中の『パラキス』では相反して女性の願望が詰まった“パーフェクトな男”を熱演。さらに、NHK大河『江〜姫たちの戦国〜』では、ヒロインの夫役で時代劇に初挑戦するなど新たな一面を覗かせた事で、「どんどん輝きを増していると思います」(大阪府/20代/女性)と支持を得た。甘く端正な顔立ちはもちろんだが、振り幅の広い演技力も支持される要因となったようだ。

 そんな向井に下期への目標を尋ねると「大河ドラマの出演も始まり、9月には初主演映画の公開も控えているので、より一層頑張ります」と意気込む。スカウトを受けバーテンダーから一変、人気俳優へと躍り出た“シンデレラボーイ”の今後の活躍に注目したい。

 続く2位には、映画を中心に活躍中の【岡田将生】が登場。

昨年公開の映画『告白』、『悪人』でタイプの異なる役どころを見事に演じ分け、今年の『第34回 日本アカデミー賞』では優秀助演男優賞を受賞。実力派イケメン俳優として、女性はもちろんのこと「作品の中でしっかり存在感があるので好印象」(山形県/20代/男性)と男性からの人気も高い。

3位にランクインしたのは【溝端淳平】。この上期も、ドラマ『BOSS』(フジテレビ系)や映画『高校デビュー』など、注目作への出演で俳優としてまた1つ階段を上ったほか「よくテレビで見て、熱意ある俳優さんだと感じるから」(愛媛県/10代/女性)と、草食化が目立つ“今ドキ男子”の中ではめずらしい熱い男キャラでバラエティ番組でも輝きを放っている。

 上半期を振り返る中で、子役たちの活躍も忘れられない。7位の【鈴木福】は、これまでに映画『ゴールデンスランバー』、『ちょんまげぷりん』など、多数の映画やドラマに出演、弱冠7歳ながら“役者”として長い経歴の持ち主。そんな彼を一気にスター街道に押し上げたドラマ『マルモ〜』では、あどけない演技と元気いっぱいの“マルモリダンス”が視聴者のハートを射抜き、共演の芦田愛菜と共に茶の間の人気者に。昨年NHK大河『龍馬伝』で“福山龍馬”の幼少期を演じ注目を集めた【濱田龍臣】は、今年に入ってからアニメ映画『少年マイロの火星冒険記 3D』の主人公をはじめ、ドラマにCMにと次々活躍の場を広げている。

 年齢・キャリアともにさまざまな若手俳優が活躍した上半期。残り半年も名前の挙がった彼らはもちろん、新進気鋭の“若い才能”が花開くかに注目したい。

【調査概要】
調査時期:2011年5月27日(金)〜6月1日(水)
調査対象:合計800名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代の男女各200名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


「上半期最もブレイクしたと思う俳優」、1位は佐藤健


posted by ぴかまま at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。