2011年09月05日

長澤まさみ、AKIRAと半年で破局していた

長澤まさみ、AKIRAと半年で破局していたサンケイスポーツ 9月4日(日)7時51分配信

 4月にサンケイスポーツの報道で交際が発覚した人気グループ、EXILEのパフォーマー、AKIRA(30)と女優、長澤まさみ(24)が破局していたことが3日、分かった。関係者によると、別れたのは6月下旬ごろで、話を切り出したのはAKIRAの方だったという。同じ静岡・磐田市出身で幼なじみだった2人の真剣交際は、わずか半年でピリオドを打ち、先輩後輩の間柄に戻った。

 注目を集めた幼なじみカップルが、密かに別離を選択していた。

 複数の関係者の話を総合すると、破局したのは6月下旬ごろ。今年初めから熱愛中であることが4月中旬にサンケイスポーツの報道で発覚。その後、長澤がAKIRAの自宅マンションを訪れる姿を写真週刊誌に撮られ、「週1お忍び愛」「結婚間近」とも報じられたが、破局は発覚からわずか2カ月後の出来事だった。

 その間、長澤は出演映画「岳−ガク−」のPR活動、AKIRAは豊臣秀勝役で出演したNHK大河「江」の撮影と多忙を極めた。2人を知る関係者によると、交際報道によってお互いの自宅を行き来することがままならなくなったことに加え、多忙ですれ違いが続いたことが破局の原因という。ただ、お互い新たな交際相手ができたわけではないようだ。

 2人は同じ小中学校に通っていた幼なじみ。違う関係者は「別れ話はAKIRAから切り出し、2人で話し合った結果、何でも相談できる先輩後輩の間柄に戻ったようです」と証言する。破局以来、顔を合わせていないが、現在も長澤からの電話相談にAKIRAが快く応じるなど、連絡は取り合っているという。

 AKIRAは先月31日に主演舞台「レッドクリフ−愛−」の千秋楽を迎え、1カ月公演を完走。現在はEXILEのメンバーとして、25日に中国・北京国家体育場で行われる音楽祭「三国演義−中日韓風雲音楽祭」に向け、特訓に励んでいる。

 一方の長澤は生まれて初めて髪を赤く染め、感情あらわな主人公を体当たりで演じた初舞台「クレイジーハニー」で全国をまわる日々。23日には出演映画「モテキ」の公開が控える。

 半年にわたった“幼なじみ愛”に終止符を打った2人は仕事にまい進し、それぞれの道を歩み始めている。

長澤まさみ、人生初の赤髪で初舞台に挑戦「案外、評判良い」

長澤まさみ、AKIRAとの出会いはスナックだった!


posted by ぴかまま at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。