2011年07月19日

<なでしこジャパン>早朝6時台で視聴率21.8% 最高視聴率は27.7% サッカー女子W杯決勝米国戦

<なでしこジャパン>早朝6時台で視聴率21.8% 最高視聴率は27.7% サッカー女子W杯決勝米国戦まんたんウェブ 7月19日(火)10時9分配信

 現地時間17日(日本時間18日)に行われたサッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の決勝で、日本代表(なでしこジャパン)がPK戦の末、米国を降し、初優勝した試合がフジテレビ系で生中継され、午前5時から試合終了までの平均視聴率21.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。関西地区は19.4%だった。番組最高視聴率は午前6時24分の優勝が決定した時点で関東地区が27.7%、関西地区は27.9%だった。

 試合開始から後半までの18日午前3時35分〜5時の平均視聴率は関東地区で11.8%、関西地区で11.2%だった。

 日本は前半、米国の速い攻めに幾度かゴールを脅かされたが、無失点でしのぎ、後半、米国に先制を許したが、35分過ぎにゴール前に詰めていた宮間あや選手が押し込み同点とした。

 延長前半の終了直前に米国に勝ち越されたが、延長後半、コーナーキックから澤穂希選手のゴールで再び追い付き2-2に。PK戦で決着がつき優勝を決めた。年齢制限がないフル代表の国際大会で日本が優勝するのは男女を通じて初めて。澤選手が通算5得点で大会得点王になり、大会の最優秀選手(MVP)にも選ばれた。(毎日新聞デジタル)

)<なでしこ世界一>各国に驚き…メディアがトップ級の扱い

澤穂希「優勝するシーンしか想像できなかった」=サッカー女子日本代表
佐々木監督「粘りで勝ち取ったチャンピオンの座」女子ワールドカップ決勝 米国戦後会見
なでしこジャパン、PK戦を制しW杯優勝 アジア勢で初
なでしこ、熟成したチームでスウェーデン凌駕 沢「絶対に金メダル」
なでしこ3発圧勝、初の決勝進出!沢がV王手弾…女子W杯


posted by ぴかまま at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2011年06月28日

「JIN−仁−」最終回、25%超え!

「JIN−仁−」最終回、25%超え!サンケイスポーツ 6月28日(火)7時51分配信

 26日に放送された俳優、大沢たかお(43)主演のTBS系ドラマ「JIN−仁−」最終回の平均視聴率26・1%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)だったことが27日、分かった。

25%超えは09年放送の前作最終回の25・3%以来。全体の平均視聴率も前作の19・0%を上回る21・3%と高数字をマークした。有終の美を飾った大沢は「元気や勇気が届けられていたらうれしい」と喜びをかみしめている。

 4月の放送開始から民放ドラマでトップを走ってきた「JIN」が、最高の形で幕を閉じた。

 現代から幕末の江戸時代へタイムスリップした脳外科医・南方仁(大沢)が、人々の命を救いながら歴史の渦に巻き込まれていく物語。坂本龍馬(内野聖陽)ら歴史上の人物と交流する姿も話題を呼び、09年10〜12月に放送された前作は、昨年の東京ドラマアウォードで連続ドラマ部門のグランプリに輝くなど4冠を達成した。

 続編となる今回は、タイムスリップなど多くの謎が明らかになることから注目を集め、初回視聴率23・7%と好発進。その後も猛追するフジテレビ系「マルモのおきて」を抑え、最終回では前作を含む全22話で最高の26・1%をマーク。25%超えは前作最終回(25・3%)以来で、「JIN」人気を見せつけた。

 全11話の平均視聴率も21・3%で、こちらも前作の19・0%を更新。20%を上回るのは09年のTBS系「MR.BRAIN」(20・5%)以来で、2000年4月以降では02年のフジテレビ系「人にやさしく」(21・4%)に次ぐ高視聴率となった。

 瞬間最高視聴率は午後10時44分。現代の東京に戻った仁が、これまで江戸で過ごした大切な仲間たちの笑顔を思い浮かべながら、「この世界は、誰もが戦い、命を落とし、勝ち取ってきた無数の奇跡で編み上げられていることを、俺は忘れないだろう。そして更なる光を与えよう、この手で」と心に決めるシーンで31・7%に。

 同局は今回が「JIN」の完結編で、さらなる続編はないことを強調しているが、完結させるにはもったいないほどの好成績。視聴者を“ジン”とさせてきた大沢も、「皆さんの心に少しでも元気や勇気が届けられていたらうれしいです」と喜んでいる。

『JIN』遂に完結! 続編望む声に、TBSは「本当にお別れです」
posted by ぴかまま at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

<幸せになろうよ>最終回視聴率10.9% 香取慎吾主演の月9

<幸せになろうよ>最終回視聴率10.9% 香取慎吾主演の月9まんたんウェブ 6月28日(火)10時2分配信

幸せになろうよ」に出演した黒木メイサさん

 人気グループ「SMAP」の香取慎吾さん(34)が結婚相談所のアドバイザー役で主演した月9ドラマ「幸せになろうよ」(フジテレビ系)の最終回が27日放送され、平均視聴率は10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。 

 ドラマは、独学の恋愛マニュアルで多くのカップルをまとめ上げ、離婚率ゼロを誇る結婚アドバイザー・高倉純平(香取さん)が、初めて恋愛マニュアルの通じない謎の才媛(さいえん)・柳沢春菜(黒木メイサさん)と弁護士で裕福、さらにイケメンというパーフェクトな男・矢代英彦(藤木直人さん)と出会い、ミステリアスな2人に戸惑いながらも2人を結びつけようと努力していくが……という物語。脚本は「GOOD LUCK!!」「白い巨塔」「14才の母」などを手がけた井上由美子さんが担当した。

 最終回「俺と結婚して下さい。」では、純平は交際していた春菜に自分から別れを告げたものの、心は変わらぬまま、春菜を思っていた。一方、矢代は春菜に改めてプロポーズをし、その返事をもらうと豪語。春菜に変わらぬ気持ちをぶつける純平だが、春菜には受け入れてもらえず、春菜は心の整理を付けようと仕事を辞めて、引っ越しをする。純平は、日々春菜にメールを送るが、春菜からの返事は一切なく……という物語だった。(毎日新聞デジタル)

香取慎吾、今度は結婚相談員に…フジ月9ドラマ
posted by ぴかまま at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2011年06月08日

「キリンカップ」チェコ戦、平均視聴率23.3%でペルー戦上回る

「キリンカップ」チェコ戦、平均視聴率23.3%でペルー戦上回るオリコン 6月8日(水)10時33分配信

アルベルト・ザッケローニ日本代表監督 (C)ORICON DD.inc

 7日に横浜国際総合競技場で行われた『キリンカップサッカー2011 日本×チェコ』(後7:28〜TBS系)の平均視聴率ビデオリサーチの調べで23.3%(関東地区)を記録し、前回のペルー戦(20.4%)を上回ったことがわかった。

日本代表はペルー戦に続きスコアレスドローで試合を終えたが、3ヶ国が同成績で初の全チーム優勝となり、同大会4連覇を達成した。

 日本は本田圭祐選手(CSKAモスクワ)や内田篤人選手(シャルケ04)など海外組7人をスタメンに起用。この日は3−4−3のシステムが機能し、何度も相手陣内に攻め込むが決定機を掴めず前半を終える。後半に入ると家長昭博選手(RCDマヨルカ)や槙野智章選手(FCケルン)を投入し、さらに攻撃的な布陣でゴールを狙うが相手キーパーの好守もあり、得点を奪えずに引き分けた。

 2試合無得点となった日本代表は8月10日に北海道・札幌ドームで韓国と対戦し、その後9月2日からブラジルワールドカップ・アジア予選に挑む。

本田圭佑「ヨーロッパ組にはあんまり休むなと言いたい」=サッカー日本代表〜本田“世界目線”でバッサリ「これを最低ラインだと…」
今日は手応えよりも悔しさの方がある」=サッカー日本代表
posted by ぴかまま at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2011年06月06日

『マルモのおきて』大躍進! 視聴率過去最高の16.1%

『マルモのおきて』大躍進! 視聴率過去最高の16.1%オリコン 6月6日(月)11時49分配信

双子の母親・あゆみ(鶴田真由)が登場した第7話より (C)フジテレビ 

 俳優・阿部サダヲと子役・芦田愛菜がダブル主演するドラマ『マルモのおきて』(毎週日曜 後9:00 フジテレビ系)の5日に放送された第7話が、初回放送から過去最高となる最高平均視聴率16.1%を記録(ビデオリサーチ調べ・関東地区)したことがわかった。

さらに小学生らの間で大ブームとなっている芦田&鈴木福が演じる双子が歌って踊るエンディングテーマ「マル・マル・モリ・モリ!」の放送部分が瞬間最高視聴率を獲得し、初めて20%を超える21.1%を叩き出すなど大躍進している。

【写真】巷でも話題! “マル・モリ”ダンスを披露する芦田&鈴木

 同作は、独身アラフォー男・高木護(阿部)が親友・笹倉純一郎(葛山信吾)の死をきっかけに幼い双子の姉弟を引き取って親代わりとなり、姉・薫(芦田)、弟・友樹(福)、人間の言葉をしゃべる犬・ムックの3人と1匹の家族が繰り広げるファンタジックな暮らしを描く。第7話では「お母さんは死んだ」と聞かされてきた双子の目の前に突如本当の母親・青木あゆみ(鶴田真由)が現れるというストーリーが展開され、10分拡大で放送された。

 今年4月に発表された『春のドラマ期待度』アンケート(ORICON STYLE調べ)ではトップ10圏外だった“ノーマーク”の『マルモ』が驚異の人気を見せている。4月24日に放送された初回の平均視聴率は11.6%でスタートし、そこからジワリジワリと視聴者を獲得し、一度も落ちることなく第7話まで上昇し続けている。

 芦田と鈴木福に飼い犬のムックが入った劇中で演じる役名ユニット「薫と友樹、たまにムック。」の「マル・マル・モリ・モリ!」(5月25日発売)は初週3.5万枚を売り上げて6/6付週間シングルランキング3位に初登場。平均年齢6歳でのシングルTOP10入りはグループ史上最年少記録を樹立した。また動画投稿サイトには同曲を“踊ってみた”という動画が多数投稿され、各地の運動会でも小学生らがダンスする微笑ましい姿が見られるなど、今後も“マルモ現象”の更なる拡大が予想される。
posted by ぴかまま at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2011年05月02日

<ドラマ視聴率>初回は「JIN」が20%超えでぶっちぎりトップ 「遺留捜査」と月9が続く

<ドラマ視聴率>初回は「JIN」が20%超えでぶっちぎりトップ 「遺留捜査」と月9が続くまんたんウェブ 4月30日(土)12時0分配信

JIN−仁−」で主演している大沢たかおさん

 民放の11年4月期のドラマがほぼスタートした。27日までの初回平均視聴率は、大沢たかおさん主演のSF医療時代劇の続編「JIN−仁−」(TBS系毎週日曜午後9時)が23.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でトップ。上川隆也さん主演の刑事ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系毎週水曜午後9時)が17.0%、人気グループ「SMAP」の香取慎吾さん主演の“月9”ドラマ「幸せになろうよ」(フジテレビ系毎週月曜午後9時)が16.4%と続き、「JIN」が頭一つ抜け出している。天海祐希さん主演の刑事ドラマの続編「BOSS」(フジテレビ系毎週水曜午後10時)は16.3%で4位発進だった。

 「JIN」は、村上もとかさんのSF医療マンガが原作。大沢さんが演じる大学病院の脳外科医だった南方仁が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬ら幕末の英雄と知り合って歴史の渦の中に巻き込まれていく……というストーリー。続編は、多くの謎を残したまま終了したため賛否両論を巻き起こした前作のその後が描かれている。

 今期は、09年の放送で20%を超す最高視聴率を記録した「JIN」と「BOSS」の“続編対決”が、放送前から視聴者の興味を集めていた。第2回の放送は「JIN」が18.4%で首位を守り、「BOSS」は15.5%で2位に浮上、「遺留捜査」も14%と高視聴率をキープした。「遺留捜査」は、前期にあたる11年1月期に、水谷豊さん主演の人気シリーズ「相棒 シーズン9」(テレビ朝日系)が期間平均視聴率20.3%(元日スペシャル含む)という高視聴率を記録しており、同じ枠で刑事ドラマが続いたため継続して視聴していると推測される。初回視聴率5位は相武紗季さん主演のラブコメディー「リバウンド」(日本テレビ系水曜午後10時)で14.3%を獲得した。

 ほかに人気作の続編として放送された、吉瀬美智子さんが熱血教師役で主演する「ハガネの女Season2」(テレビ朝日系毎週水曜9時)は初回平均視聴率9.3%、佐々木蔵之介さんが主演する刑事ドラマシリーズの第4弾「ハンチョウ〜神南署安積班」(TBS系毎週月曜午後8時)が同13%だった。

 またフジテレビが10年10月期から日曜午後9時に新たに新設したドラマ枠「ドラマチック・サンデー」は、阿部サダヲさんと人気子役の芦田愛菜ちゃんがダブル主演する「マルモのおきて」が24日放送され、11.6%で同枠の初回で最高の視聴率を獲得した。杏さんの連ドラ初主演作「名前をなくした女神」(フジテレビ系毎週火曜午後9時)は初回に比べて2回目は視聴率が落ちることが多い中、数字を伸ばした。(毎日新聞デジタル)

JIN-仁-』、初回視聴率23.7%で前作上回る好発進

<BOSS>初回視聴率16.3% 天海祐希主演の刑事ドラマ続編

新社会人「理想の男性上司」池上彰氏が初戴冠 女性は2年連続・天海祐希

<相武紗季>特殊メークで体重85キロに リバウンドヒロインに挑戦

<ハガネの女>吉瀬美智子主演ドラマ続編決定 ゴールデンで復活
posted by ぴかまま at 05:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2011年04月15日

<BOSS>初回視聴率16.3% 天海祐希主演の刑事ドラマ続編

<BOSS>初回視聴率16.3% 天海祐希主演の刑事ドラマ続編まんたんウェブ 4月15日(金)10時1分配信

BOSS」続編のファンイベントに登場した天海祐希さん

 09年に放送されて高視聴率を獲得した女優の天海祐希さん主演の刑事ドラマの続編「BOSS」(フジテレビ系)の第1回が14日放送され、平均視聴率16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 「BOSS」は、天海さん演じる刑事・大澤絵里子が、警視庁捜査1課に新設された「特別犯罪対策室」の“ボス”となって、玉山鉄二さんや戸田恵梨香さんらが演じるくせのある刑事たちを束ね、凶悪犯罪に立ち向かうというストーリー。前作は、平均17.0%、最終回には20.7%の視聴率を記録した。続編には天海さんのほか、玉山さん、戸田さんをはじめ、竹野内豊さん、溝端淳平さん、吉瀬美智子さん、温水洋一さん、ケンドーコバヤシさんらが前作に引き続いて出演する。

 第1話は、前作から2年後、絵里子と対策室のメンバーの活躍のおかげで出世して参事官となった野立(竹野内さん)が、さらなる出世のため、ある重要事件を引き受け、特別犯罪対策室を復活させる……という物語。科学警察研究所で“お荷物”扱いされて異動してきた主婦刑事・田所幸子役で長谷川京子さん、元国家公安委員長・黒原健蔵役で西田敏行さん、その一人娘・理香役で成海璃子さん、絵里子と同期の元刑事で現議員秘書・森岡博役で大森南朋さん、新しく対策室担当になった科学捜査研究所の鑑識官・沼田良美役で釈由美子さんが出演している。

 放送は毎週木曜午後10時〜同54分。(毎日新聞デジタル) 

天海祐希主演『BOSS』続編が放送決定!

posted by ぴかまま at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2011年01月27日

アジアカップ“日韓戦”の平均視聴率35.1%、瞬間最高視聴率は40.6%

アジアカップ“日韓戦”の平均視聴率35.1%、瞬間最高視聴率は40.6%オリコン 1月26日(水)10時0分配信

アルベルト・ザッケローニ監督 .

 サッカーのアジア王者を決めるアジアカップの準決勝が25日、テレビ朝日系で午後10:25から放送された日韓戦の平均視聴率35.1%瞬間最高視聴率40.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録した。前半戦で1対1、延長戦にもつれこむも2-2の同点となりPK戦へ。結果、3-0で韓国を制しザッケローニ監督率いる日本代表は決勝戦へと駒を進めた。

 キックオフから前半23分、PKを決めた韓国に先制点を許した日本だが同じく前半36分に前田が1点を獲得し、後半戦へと折り返した。同点のまま後半戦を終え、試合は延長戦へ。ここでも2-2の同点となり、勝負はPK戦にもつれこみ、結果3-0で日本が勝利をおさめた。

 今月9日から始まった日本のグループリーグでの戦いは、初戦のヨルダン戦で17.2%、13日のシリア戦は10.8%、17日サウジアラビア戦は23.4%といずれも好視聴率を獲得。21日に行われたカタール戦は25.9%、最高視聴率も32%を記録していた。29日に行われる決勝戦にさらに期待がかかる。


日韓戦の死闘の果てに見えたもの。日本代表が露呈した“別の顔”とは?・・本田「優勝して日本に帰る」神パス&PKで“アジアの虎”蹴散らした…アジア杯
川島 神がかりセーブ連発で貫録の“どや顔”
<サッカー>アジア杯、日本決勝へ PK戦で韓国降す
posted by ぴかまま at 05:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2011年01月18日

<大切なことはすべて君が教えてくれた>初回視聴率12.1% 戸田恵梨香・三浦春馬が月9初主演

<大切なことはすべて君が教えてくれた>初回視聴率12.1% 戸田恵梨香・三浦春馬が月9初主演まんたんウェブ 1月18日(火)10時4分配信

 女優の戸田恵梨香さん(22)と俳優の三浦春馬さん(20)がダブル主演するフジテレビの月9ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」の第1回が17日放送され、平均視聴率12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。三浦さんと戸田さんは初共演で、ともに月9初主演で初めての教師役に挑戦する。

 ドラマは戸田さん演じる高校の英語教師・上村夏実と三浦さん演じる生物の教師・柏木修二は、高校と大学時代に同級生で現在、同僚であり、婚約者でもあるという関係。しかし、新学期が始まる前日、修二がさまざまないきさつで女性と関係を持ち、実はその女性が自分の受け持つクラスの女生徒だったということが発覚し、2人の歯車が狂い出していく……というストーリー。脚本は、02年に同局のヤングシナリオ大賞を受賞した安達奈緒子さんが担当する。

 修二が関係を持つ女生徒・佐伯ひかり役は、歴代最年少で「ベストドレッサー賞」を受賞するなど注目を集める武井咲さん、夏実の親友のウエディングプランナーで修二は元彼という東堂さやか役は、アイドルグループ「AKB48」の篠田麻里子さんと、今が旬の2人が物語の鍵を握る役どころを演じ、ひかりの心の支えとなる看護師・水谷亜弥役は内田有紀さん、主人公2人の上司となる教頭役は風間杜夫さんと、ベテラン陣が脇を固める。

 第1話は、新学期が始まる前日の夜、バーで出会ったばかりの女性と酔った勢いで関係を持ってしまった修二は、翌日の朝遅刻しそうになり、素性の分からない女性を部屋に残すことに抵抗を感じながらも、部屋の鍵を渡して家を飛び出す。修二が担当する2年1組では、佐伯ひかりが遅れて登校してきた。ひかりは他の生徒たちがいない教室で修二を呼び止めると、手の中にあった修二の部屋の鍵を見せた。今朝まで一緒にいた女性がひかりだと理解した修二は、言葉を失い、ただぼうぜんと彼女を見つめるしかなかった……という展開。

 主題歌「EXIT」は、ポルノグラフィティが初の月9主題歌を担当。劇中ではグラミー賞歌手のPINKの「グレイテスト・ヒッツ」の楽曲が使用される。(毎日新聞デジタル)

AKB48篠田が月9ドラマ初出演! 三浦春馬の“元カノ”に
posted by ぴかまま at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2011年01月09日

今春勝負をかける日テレの大改編は成功するのか

今春勝負をかける日テレの大改編は成功するのか2011/1/8 10:00

 年末年始に恒例のおバカなバラエティーをタレ流し続けたテレビの年間視聴率ビデオリサーチ調べ(関東地区)で分かった。

昨年の年間視聴率はゴールデン(19〜22時)、プライム(19〜23時)、全日(6〜24時)の各時間帯で13.0%、12.9%、8.3%だったフジテレビが7年連続で3冠王を達成。切り崩しに必死だった日本テレビが各時間帯とも2位で、またしてもフジに屈する結果になった。

 これで今年こそ面白くなるのがフジ対日テレの視聴率争い。

フジは地デジへの完全移行が予定されている7月に大幅改編を予定しているが、日テレは一足先の4月改編で攻勢をかける。

 まずゴールデン・プライムでは木曜放送の「ミリオンダイス」や火曜の「魔女たちの22時」を打ち切りにする。また、全日帯では、朝の長寿番組にして高視聴率を誇った「ズームイン!!SUPER」を打ち切る。

3月にMCの羽鳥慎一が退社するのを機に決断し、タイトルも変えて番組を一新するという。また、昼の情報番組「DON!」、日曜朝の「TheサンデーNEXT」もリニューアル。「DON」の後番組には南原清隆丸岡いずみを起用し、「サンデー」の後番組には中山秀征を起用する。
 これで番組がよくなるかは大いに疑問だが、春からテレビが賑やかにはなりそうだ。

(日刊ゲンダイ2011年1月5日掲載)

丸岡いずみ解剖「奇跡ではなく普通の38歳」日テレ局内の評判
posted by ぴかまま at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2010年12月24日

年間ドラマ視聴率TOP10、1位「龍馬伝」 〜ゲゲゲは初回最低から見事TOP3へ

年間ドラマ視聴率TOP10、1位「龍馬伝」 〜ゲゲゲは初回最低から見事TOP3へオリコン 12月24日(金)10時30分配信

“福山龍馬”として一大ブームを巻き起こした大河ドラマ『龍馬伝

 今年1年、時代劇から刑事もの、恋愛、学園ものなど様々なドラマが放送され、秋ドラマもほぼ最終回を迎えた今週、単発ドラマを含む年間のドラマ視聴率が出揃った。

1位は歌手で俳優の福山雅治が主演を務めた大河ドラマ【龍馬伝】(NHK総合)が24.4%で堂々のトップ。

維新の立役者・龍馬の新たな魅力を引き出し、今年の日本を席巻した。そして2位は女優・松下奈緒向井理主演の【ゲゲゲの女房】(NHK総合)。初回視聴率は朝ドラ史上ワーストを記録したが、回を重ねるごとに右肩上がり。最終話で最高視聴率23.6%をたたき出し、有終の美を飾った。

 昨年12月から放送がスタートし、初回から20%超えを記録した『龍馬伝』。

幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視点から描いた同作は、過去に度々映画、ドラマ化されてきた龍馬像を打ち破り、新たな“福山龍馬”として大ブレイク。俳優・福山の魅力を存分に見せつける結果となった。また、若手俳優さながらの体当たりを見せた福山の演技ももちろんだが、共演者である岩崎弥太郎役の香川照之、武市半平太役の大森南朋といった脇を固める俳優陣も大きくクローズアップされた。
 
 そして2位には、松下奈緒と向井理の名を一躍全国に広めた朝の連続テレビ小説【ゲゲゲの女房】。

妖怪漫画で知られる水木しげるとの日々を妻・布美枝の視点から描いた同作は、初回は鈍い出足となったものの、2回目以降は一度もワースト記録を下回ることなく上昇ペースを維持。戦争の爪痕が深く残る経済復興期において、漫画家を生業とする厳しい現実や、明るく気丈に支える妻の姿は徐々に話題に。最終話での最高視聴率を持って幕を下ろした。また主題歌に起用されたいきものがかりが歌う「ありがとう」も大ヒットし、今年の流行語大賞に“ゲゲゲ〜”が選ばれるなど、社会現象を巻き起こしたといえる。
 
 3位には木村拓哉主演の月9ドラマ【月の恋人〜Moon Lovers〜】(フジテレビ系)の初回・22.4%がつけた。名作『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』(TBS系)以来10年ぶりとなる、木村の本格ラブストーリーは放送前から高い期待が寄せられ、4月スタートの民放春ドラマの中では最高視聴率をマーク。続く4位にはフジテレビ開局50周年記念として放送された脚本家・三谷幸喜が手掛けたSPドラマ【わが家の歴史】(フジテレビ系)と、放送開始から10年を迎える水谷豊主演の長寿ドラマ【相棒 season9】(テレビ朝日系)が21.2%で同率タイとなった。
 
 ここ数年のドラマは、“初回視聴率が最高視聴率”という傾向が強いなか、やはり『ゲゲゲ〜』は破竹の進撃といえる。首位の『龍馬伝』と共に“大河ドラマ”、“連続テレビ小説”というNHKの2大看板が盤石の強さを見せつける結果となった。

また今週最終回を迎えた嵐・二宮和也主演の社会派ホームドラマ【フリーター、家を買う。】(フジテレビ系)も、初回から安定した視聴率をキープし、最終話19.2%で10位に滑り込んでいる。いずれも、出演者の話題性や演出の過激さだけに頼らず、良質なストーリーの構築がヒットのカギとなったことは明白といえそうだ。来年はどのようなドラマが誕生し、視聴者の感性をゆさぶるのか? 大いに期待したい。

※同ランキングは、ビデオリサーチ社(関東地区)による2010年1月1日〜(12月23日)現在のデータで、連続ドラマは最高視聴率をもとにランキング化。なお、4位の『相棒』は、前シーズンの視聴率と合算しランキングしている。
posted by ぴかまま at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

二宮主演ドラマ『フリーター、家を買う。』、最終回視聴率19.2%で有終の美

二宮主演ドラマ『フリーター、家を買う。』、最終回視聴率19.2%で有終の美オリコン 12月22日(水)10時0分配信

 21日に最終回を迎えた二宮和也が主演するドラマ『フリーター、家を買う。』(フジテレビ系)が視聴率19.2%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録。同作として最高視聴率をマークし有終の美を飾った。

 同作は、二宮が演じた主人公の武誠治が大学卒業後に新卒で就職するも、すぐに辞職。フリーターとして生きる中で、家族との関わりや自分の将来に悩み、またアルバイトを続けることで心身ともに成長していく姿を描いたヒューマンドラマ。ヒロインに香里奈、そして物語の重要なカギを握る母親役に浅野温子、頑固な性格で常に誠治とぶつかってきた父親役には竹中直人など、実力派の俳優陣が集結した。

 また、同作は俳優としても高い評価を得ている二宮が2年ぶりの連ドラ主演だったこともあり、放送開始直前の『秋ドラマ期待度ランキング』(オリコン調べ)でも堂々2位につけた注目作。初回放送は17.6%と堅調なスタートを切り、最終回の前週14日の放送でも、その時点での過去最高の平均視聴率18.6%をマークしていた。最終話は同じ嵐のメンバーである相葉雅紀のゲスト出演も発表され更なる記録更新に期待が高まっていた。

二宮ドラマに相葉 メンバー出演“一巡”
posted by ぴかまま at 05:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2010年11月01日

ドリトル小栗が松雪リポートに圧勝

ドリトル小栗が松雪リポートに圧勝
2010年10月19日(火)10時57分配信 日刊スポーツ 

 TBSとフジテレビによる日曜午後9時枠のドラマ対決はTBSに軍配が上がった。

17日放送のTBS系日曜劇場「獣医ドリトル」の初回視聴率が18日、ビデオリサーチから発表され、16・0%(関東地区、関西地区は15・9%)をマークした。同ドラマは俳優小栗旬(27)と井上真央(23)らが出演、かつて高視聴率をたたき出した同局系「花より男子」コンビの再共演で話題を呼んでいた。

一方、同日放送の松雪泰子(37)主演のフジテレビ系「パーフェクト・リポート」は7・7%(関東地区、関西地区は6・6%)。初回視聴率対決はTBSが圧勝した。

松雪泰子主演、フジが日9ドラマ枠新設
<相武紗季>「愛想笑いほめられ傷ついた」 フジ日9ドラマ「パーフェクト・リポート」会見

posted by ぴかまま at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2010年10月28日

篠原涼子の3年半ぶり連ドラ主演作『黄金の豚』 初回視聴率は15.3%

篠原涼子の3年半ぶり連ドラ主演作『黄金の豚』 初回視聴率は15.3%2010年10月21日(木)10時4分配信 オリコン 

 女優・篠原涼子が主演を務めるドラマ『黄金の豚 −会計検査庁特別調査課−』(日本テレビ系)の初回が20日に放送され、平均視聴率が15.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことが21日、わかった。

同作は篠原にとって、『ハケンの品格』(2007年放送・同局系)以来、3年半ぶりの連ドラ主演作。税金の不正使用に立ち向かう型破りなヒロインを痛快に演じる。

 元詐欺師で仮釈放中の芯子(篠原)が、お金をかぎ分ける勘と嘘を見抜く慧眼を見込まれ、会計検査庁から特別調査課・調査官としてスカウトされるところから物語は展開。「断れば刑務所に逆戻り」という弱みを握られた芯子は、渋々任務につくことになるが、型破りながらも独自の正義感で悪を突き詰めようとするその姿勢に、周囲も次第に引き込まれていく。

 篠原とともに、不正を暴く“特別調査課”のキャストとして名を連ねるのは、岡田将生、大泉洋、桐谷健太、近藤芳正、山崎大輔、生瀬勝久、宇津井健といった顔ぶれ。『ハケンの品格』で好評だった篠原&大泉コンビの久々の共演にも期待が高まる。また芯子を支える母親役をもたいまさこ、妹役を山口紗弥加が演じ、主題歌には伊藤由奈の「守ってあげたい」が起用されている。

 ドラマ『黄金の豚 −会計検査庁特別調査課−』は毎週水曜、夜10時より放送。

岡田将生と大泉洋が“天然パーマ”めぐり火花!
posted by ぴかまま at 05:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2010年10月22日

<ナサケの女>初回視聴率17.6% 米倉涼子が国税査察官 コスプレ、ダンスも披露し、好スタート

<ナサケの女>初回視聴率17.6% 米倉涼子が国税査察官 コスプレ、ダンスも披露し、好スタートまんたんウェブ 10月22日(金)10時2分配信

 女優の米倉涼子さんが主演するドラマ「ナサケの女〜国税局査察官〜」(テレビ朝日系)の第1回が21日放送され、平均視聴率17.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 04年の「黒革の手帖」で悪女、08年の「交渉人〜THE NEGOTIATOR〜」で女刑事を演じた米倉さんが、東京国税局査察部の情報部門(通称・ナサケ)に所属する女査察官・松平松子を演じ、情け容赦なく悪質な脱税者たちを摘発していく痛快ドラマ。脚本は「やまとなでしこ」「ハケンの品格」の中園ミホさん。

 キャストは、キャリア組で筆頭の出世頭、査察部長の新田進次郎を柳葉敏郎さん、松子の相棒役となる査察官・三木航介を塚本高史さん、松子とは常に対立する上司の犬養一美を飯島直子さんが演じるほか、勝村政信さん、泉谷しげるさんら。さらに、武田鉄矢さんが、オカマバー「鉄子の部屋」のママ・鉄子役で登場する。米倉さんが内偵捜査のためのさまざまなコスプレ姿や、「DREAMS COME TRUE」の主題歌「LIES,LIES.」に乗って、エンディングでヒップホップダンスを披露しているのにも注目だ。

 第1話は、西伊豆の税務署員の松子が、その卓越した手腕を買われ、“ホンテン”こと東京国税局に異動するところから始まる。東京に着いた松子は、ゴージャスに着飾ってホストクラブへと向かう。数日後、東京国税局査察部では、巨額脱税事件の強制調査の準備が進む。容疑者はホストクラブを経営する「株式会社フィナーレ」。強制調査に乗り出した査察官たちは、社長宅や店舗から隠された札束や通帳を押収。ところが、ナンバーワンホストのマンションで見つけたのは、脱税の証拠ではなく、なんと松子だった……というストーリー。ドラマは、毎週木曜午後9時の放送予定。(毎日新聞デジタル)

武田鉄矢 志願のオカマ役でやる気満々?
posted by ぴかまま at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2010年10月21日

<フリーター、家を買う。>初回視聴率17.6% 二宮和也2年ぶり連ドラ主演、好スタート

<フリーター、家を買う。>初回視聴率17.6% 二宮和也2年ぶり連ドラ主演、好スタートまんたんウェブ 10月20日(水)10時2分配信

フリーター、家を買う。」の舞台あいさつに登場した香里奈さん

 アイドルグループ「嵐」の二宮和也さんが2年ぶりに連続ドラマの主演を務める「フリーター、家を買う。」(フジテレビ系)の第1回が19日放送され、平均視聴率は17.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切った。

 ドラマは、代表作「図書館戦争」で知られる有川浩さんの同名小説が原作。3カ月で仕事を辞めてフリーターとなった夢も貯金もない武誠治が、母・寿美子が重度のうつ病にかかったことから、仕方なく土木工事現場のアルバイトを始める。目標に向かって明るくたくましく働く香里奈さん演じる千葉真奈美らに出会い、人生や働くことの意味に気付かされる。そして、家族のために家を買うことを目標に、再出発のスタートを切る……という社会派ホームドラマ。脚本は「不毛地帯」「僕の生きる道」の橋部敦子さん、「わが家の歴史」「古畑任三郎」の河野圭太さんが演出を手がける。主題歌は「嵐」の「果てない空」が起用された。

 誠治の母でうつ病になった寿美子を演じるのは、約14年ぶりに同局の連続ドラマ出演となる浅野温子さん、寿美子がうつ病になったことを受け入れられない夫・誠一を竹中直人さん、数年前に嫁いだ誠治の姉・亜矢子を井川遥さんが演じる。ほかに土木現場のアルバイト作業員・豊川哲平をアイドルグループ「関ジャニ∞(エイト)」の丸山隆平さん、誠治らが働く土木会社の社長を歌手の大友康平さんが演じ、寿美子をいじめる陰険な隣人役で坂口良子さん、ハローワークの職員役でお笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉さん、土木現場作業員役で嶋大輔さんも出演する。

 第1話は、大学を卒業して就職した誠治が、熱血指導官の理不尽な新人社員研修でやる気を失い、社風にもなじめず、退職する。そんな誠治を怒鳴りつける父・誠一に対し、専業主婦の母・寿美子は誠治をかばう。その後、新たな就職先は思うように見つからず、誠治はアルバイトを転々とする日々が続く。顔を合わせれば説教を始める父と、心配して声をかける母が煩わしくなった誠治は部屋に引きこもりがちになっていった。そんなある日、誠治は冷蔵庫の中身が散乱した中、床に座り込み、「今日も死ねませんでした」とつぶやき続ける母の姿を目にする。重度のうつ病と診断された寿美子の姿を目の当たりにして再就職を決意した誠治は土木作業のアルバイトを始め、真奈美と出会う……という内容。

 ドラマは毎週火曜午後9時放送予定(毎日新聞デジタル)

引きこもりのダメ男役…嵐・二宮 香里奈と初共演
posted by ぴかまま at 03:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2010年10月20日

<流れ星>初回視聴率13.6% 9年ぶり月9主演の竹野内豊と上戸彩の純愛ストーリー

<流れ星>初回視聴率13.6% 9年ぶり月9主演の竹野内豊と上戸彩の純愛ストーリーまんたんウェブ 10月19日(火)10時2分配信

 竹野内豊さん主演のフジテレビ月9ドラマ「流れ星」の第1回が18日放送され、平均視聴率13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、野島伸司さんらを輩出した同局の脚本コンテスト「ヤングシナリオ大賞」の第21回で佳作を受賞した臼田素子さんの「クラゲマリッジ」をベースにした純愛ドラマ。

01年の「できちゃった結婚」以来、9年ぶりに月9の主演を務める竹野内さんが演じる新江ノ島水族館に勤める平凡な男・岡田健吾と、上戸彩さん演じる風俗店に勤める人生に絶望した女・槇原梨沙が偶然出会い、さまざまな困難を経て真実の愛に目覚めていく姿を描く。主題歌は「コブクロ」の「流星」が起用された。

 金のためなら妹の幸せをも踏みにじる梨沙の兄・修一をアイドルグループ「SMAP」の稲垣吾郎さんが演じるほか、健吾の最愛の妹で重大な肝臓の病気を抱えるマリアを北乃きいさん、正義感の強いマリアの主治医で健吾と梨沙に翻弄(ほんろう)される医師・神谷凌を松田翔太さんが演じる。

 第1話は、恋人(大東俊介さん)から両親に会ってほしいと言われて幸せな気分で満たされていた梨沙が、風俗店での仕事を終えて家に帰ると、借金を押しつけて姿を消していた兄・修一がいた。梨沙は兄の借金を返すため、風俗店で働いていたのだった。財布を奪おうとする兄を振り切って部屋を飛び出した梨沙は水族館へ向かった。その水族館の職員・健吾に偶然声をかけられる梨沙。一方、健吾は婚約者の美奈子(板谷由夏さん)との結婚を控え、ささやかな幸せをかみしめていたが、妹・マリアが肝臓の病気で余命1年と告げられ、状況は一転。臓器移植の可能性にかけて奔走を始める……というストーリー。

 ドラマは、毎週月曜午後9時の放送予定。(毎日新聞デジタル)
posted by ぴかまま at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2010年10月18日

<獣医ドリトル>初回視聴率16% 日曜午後9時ドラマ対決も好スタート

<獣医ドリトル>初回視聴率16% 日曜午後9時ドラマ対決も好スタートまんたんウェブ 10月18日(月)10時1分配信

 小栗旬さん主演のドラマ「獣医ドリトル」(TBS系)の第1回が17日放送され、平均視聴率16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

同時間帯でフジテレビが日曜9時の新ドラマ枠「ドラマチック・サンデー」を設置したが、それを上回る好スタートとなった。

 「獣医ドリトル」は、「ビッグコミック」(小学館)で連載中の人気マンガ「獣医ドリトル」(夏緑・作、ちくやまきよし・画)が原作。小栗さんが演じるのは、腕は一流だが口が悪く、「獣医はビジネス」と法外な治療費を要求する悪徳敏腕獣医師・鳥取健一(通称・ドリトル)。物語は、病気やけがをしながらも苦しみを伝えられない動物たちを救うだけでなく、問題を抱えた飼い主の心までも治療していく。ドリトルの病院で働くヒロイン・多島あすか役を、小栗さんとは、07年のドラマ「花より男子2リターンズ」(TBS系)以来3年ぶりの共演となる井上真央さんが演じる。ドリトルのライバルとなる心優しい獣医・花菱優を成宮寛貴さんが演じる。

 第1話はある日、高層マンションのベランダから六田徹(伊澤柾樹くん)の飼い猫・ラグが転落する。どの獣医も治療は困難だと門前払いされるが、マスコミで活躍するカリスマ獣医・花菱の紹介で、ドリトルの病院を訪れる。ドリトルは治療費100万円を要求し、巧みなメスさばきで、難手術を成功させるが、手術後もラグの昏睡状態は続く。意識が回復しないラグを見かねて徹の父親は、弁護士を雇って手術費の返金を迫る……という内容。(毎日新聞デジタル)

小田和正 新曲は10作目ドラマ主題歌

<藤澤恵麻>米国留学から帰国 2年半ぶりに連ドラ出演 「獣医ドリトル」でカリスマトリマー役

小栗旬初監督映画がコケる 借金返すため映画出演増やす?
posted by ぴかまま at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2010年10月05日

<てっぱん>第1週の平均視聴率は17.7% 「ゲゲゲ」上回る好スタート

<てっぱん>第1週の平均視聴率は17.7% 「ゲゲゲ」上回る好スタートまんたんウェブ 10月5日(火)8時1分配信

てっぱん」のヒロインを演じる瀧本美織さん

 9月27日にスタートしたNHKの連続テレビ小説「てっぱん」の第1週(月〜土曜の6回)の視聴率が出そろい、6日間の平均が17.7%となった。

前クールの「ゲゲゲの女房」第1週の平均15.5%を2.2ポイント上回った。初回は18.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で9月30日放送の第4回には18.7%と好調をキープしている。

 女優の瀧本美織さんが主演している「てっぱん」は、、広島県尾道市と大阪が舞台。ヒロイン・あかりは、お好み焼きとトランペットをこよなく愛する尾道の鉄工所の娘だったが、ひょんなことから自分が養子だったことを知り、それまで存在を知らなかった祖母・初音が暮らす大阪へ出る。偏屈な祖母と衝突しながらも、やがて2人でお好み焼き屋を開業して奮闘する物語。母真知子を安田成美さん、祖母・田中初音を富司純子さんが演じる。放送は11年3月26日までで全151回を予定している。(毎日新聞デジタル)
posted by ぴかまま at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2010年10月04日

「ゲゲゲ」は最高視聴率で終了 「龍馬伝」はジリジリとダウン

「ゲゲゲ」は最高視聴率で終了 「龍馬伝」はジリジリとダウン
2010年10月1日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 先週、終了した朝ドラ「ゲゲゲの女房」(NHK)の平均視聴率が発表された。

スタートは史上ワーストの14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったが、後半はグングン数字を伸ばし、25日の最終回は最高の23.6%を記録、平均では18.6%。04年以降ではベスト3だった。最近では週間視聴率ランキングのトップが続いていただけに、納得の数字だ。

 しかし、一方で「ゲゲゲ」と対照的なのが大河ドラマ「龍馬伝」だ。ジリジリと視聴率がダウンし、26日は「龍馬伝」のワーストタイの13.7%になった。平均は19%台で依然、高率だが、20%キープは難しそうだ。残るは9回。これでなんとか19%台を死守したいところだろう。

(日刊ゲンダイ2010年9月28日掲載)

posted by ぴかまま at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。