2010年01月14日

間寛平さん 前立腺がんと判明 「アースマラソン」は継続

間寛平さん 前立腺がんと判明 「アースマラソン」は継続1月14日0時30分配信 毎日新聞

間寛平さん

 マラソンとヨットによる世界一周「アースマラソン」に挑戦中のお笑いタレント、間寛平さん(60)が、前立腺がんにかかっていることが13日、明らかになった。ホルモン療法により、マラソンは続けるという。

【世界一周挑戦を宣言したときのニュース】間寛平が「人力世界一周」に人類初挑戦 2年かけマラソンとヨットだけ 12月に出発

 間さんは、08年12月に大阪を出発、太平洋、アメリカ大陸、大西洋、ヨーロッパを経て、昨年12月にトルコに入った。トルコで前立腺がんの早期発見の検査をして判明。12カ所の検体のうち5カ所からがん細胞が見つかったという。現地の医師らが検討した結果、注射と薬でがん細胞の活動を抑えるホルモン療法をすることになった。マラソンの継続は問題ないとしており、15日からマラソンを再開する予定。

 間さんは「ひょっとしたら死ぬんかなあと思った。でも、この病気と走ることは別もんやと聞いた。一日も早くゴールして、病気を治すように頑張って帰ります」とコメントしている。

1. 公式BLOG > 間寛平 アースマラソン - KANPEI EARTH ...

Powered by thumbshots
2. 間寛平アースマラソン 吉本芸人コメントつきブログ!!
3. 人類初挑戦!間寛平アースマラソン特番
4. 間寛平アースマラソン情報
5. KANPEI EARTH Marathon Supporters ...


posted by ぴかまま at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 間寛平「アースマラソン」

2009年12月15日

世界一周アースマラソン開始から約1年 寛平、遂にアジア到達

世界一周アースマラソン開始から約1年 寛平、遂にアジア到達12月14日20時42分配信 オリコン

スタートから363日目でアジアへ到着し「やったー!」と両手を上にあげて喜ぶ間寛平 (C)間寛平アースマラソン製作委員会

 マラソンとヨットで世界を一周する「アースマラソン」に挑戦中のお笑いタレント・間寛平が14日午後8時37分(現地時間同日午後1時37分)、トルコ・イスタンブールのボスポラス海峡を横断して遂にアジアへと足を踏み入れた。昨年12月17日に大阪をスタートしてから363日目、ゴールテープを切った寛平は「やったー!アジアに入った!」と歓喜の雄叫びをあげた。

 太平洋(ヨット)、アメリカ大陸(マラソン)、大西洋(ヨット)と2つの大海と1つの大陸を横断すること約1年、文字どおり世界を股にかけ活躍してきた寛平。今回、ヨーロッパ約4000kmを走破し、“物語”は遂に最後の舞台アジアへと突入する。寛平はゴールの瞬間、「ありがとうございました。いろんなことあったんですけどテープを切った途端、もう皆忘れた」と喜びを噛み締めた。

 内外から集まったメディアや関係者ら多くの人に囲まれた寛平は「俺はホンマ幸せもんやー!」と天を仰ぎ、「応援してくれたみんなのおかげ」「夢のよう」と一つ一つ言葉をしぼり出して「これからがもう一度戦い」と自らを鼓舞していた。所属事務所によるとこの後、トルコを抜けるのは来年1月下旬頃の予定。ユーラシア大陸走破まであと1万km以上の道程が寛平を待ちうける。

1. 公式BLOG > 間寛平 アースマラソン - KANPEI EARTH ...

2. 間寛平アースマラソン 吉本芸人コメントつきブログ!!
3. 人類初挑戦!間寛平アースマラソン特番
4. KANPEI EARTH Marathon -run and sail ...
5. アースマラソン 公式ブログ 寛平 EARTH Marathon
posted by ぴかまま at 05:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 間寛平「アースマラソン」

2009年03月11日

間寛平、北米に到達…世界一周へ太平洋横断

SHIHOが秋山成勲と結婚 交際2年「私が私らしくいられる人」
いとうまい子結婚 愛犬がキューピッド

★★★

間寛平、北米に到達…世界一周へ太平洋横断

10日、ヨットで太平洋を横断し、米ロサンゼルスに到着後、船上でギャグのポーズをとる間寛平

 マラソンとヨットで世界一周する「アースマラソン」挑戦のため、1月にヨットで日本を出発したお笑いタレント間寛平(59)が10日(日本時間11日)、太平洋横断の航海を終え、米ロサンゼルス・ロングビーチ港に到着した。

 船上で何度も手を振りながら入港した間は、妻光代さんやファンら50人以上の出迎えを受けて上陸。「なぎの時に船が動かないのが大変だった。(退屈で)腹筋ばかりやっていた」と1万2710キロの旅を振り返り、「これからニューヨークまで走るから応援に来て」とギャグを交えてファンへのメッセージを語った。

 間は昨年12月17日に大阪を陸路で出発し、今年元日に千葉県鴨川市を出港。今後はマラソンで北米大陸を横断した後、大西洋、欧州、アジアを経て、日本をスタートしてから2年以上かけて大阪に戻る。

 間はホノルルマラソン17回完走などのマラソン歴がある。(共同)

(2009年3月11日10時25分 スポーツ報知)

間寛平
はざまかんぺい、男性、1949年7月20日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、歌手。よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属。レゲエシンガー活動名義および本名は間 重美(はざま しげみ)。通称「寛平兄やん」「寛平ちゃん」、血液型AB型、星座は蟹座、干支は丑年。

高知県宿毛市出身。私立柏原高等学校卒業。既婚者。1男1女の父。ミュージシャンの間慎太郎は長男である。娘は既に結婚し、子供がいる。妻の光代は元吉本新喜劇の団員、趣味はマラソン、ゴルフ、競馬、パチンコ。

師匠は花紀京。吉本新喜劇のスターとして関西で絶大な人気を得た。「あへあへ」「あ〜めま」「かい〜の」などのギャグで有名。

弟子に塩野一平(廃業)、シベリア文太、本田みずほなどがいる。2005年、この2人をも従えて石田靖や山田花子たちと『よしもと大爆笑劇場〜寛平劇団&バラエティー全国巡業中!!』で全国巡業した。

1968年 - 高校卒業後、石原裕次郎に憧れて上京。歌手を目指すが、挫折して大阪に戻る。
1969年 - すっとんトリオの紹介で新世界「温泉劇場」(新花月の前身)で修行を積む。
1970年 - 喫茶店のアルバイトしていた時に、その店主の紹介により吉本興業に入り、吉本新喜劇の研究生になる。同期に桂文珍らがいる。
1974年 - 木村進とのコンビで入団から4年、24歳にして吉本新喜劇の座長に昇格。
実際上は1973年10月より平参平班では平・木村、そして間の「三枚看板座長制」と言う形を採っており(但し正式にその班を統率し、脚本・演出内容にも強い発言力を有するという意味での座長には昇格していない)、平の座長勇退→専科入りを機に1974年4月より正式に木村とのコンビで座長へと正式昇格。そして1976年4月からは木村、間それぞれ別の班を統率することとなった。
1975年 - 『ひらけ!チューリップ』で念願の(?)歌手デビュー。100万枚のセールスを記録。

1978年 - 同じ新喜劇の団員だった光代夫人と結婚。当時の週刊誌の見出しが大きく取り上げられ話題を呼ぶ。

1986年 - アメマバッジを10万個作成し6千万円の借金(街金だった為、返済利息金は月420万円もの額だった)。

1989年 - 吉本新喜劇を退団し東京進出(但し家は宝塚)。バラエティー番組からテレビドラマまでこなす。

1990年から放送を開始した日本テレビのクイズ番組『マジカル頭脳パワー!!』のレギュラー解答者として1991年3月から最終回まで出演し、成績はあまりよくなかったが、珍答を繰り広げた。

2008年 - 12月17日に大阪をスタートして2年以上かけてマラソンとヨットで世界一周する「アースマラソン」に人類で初めて挑戦する。この間、日本には一度も帰国しない予定なのでレギュラー番組は降板することになるが、地球を走る姿はさまざまな番組で放送される予定。

間寛平 - Wikipedia

公式BLOG > 間寛平 アースマラソン - KANPEI EARTH Marathon -

間寛平アースマラソン 吉本芸人コメントつきブログ!!

人類初挑戦!間寛平アースマラソン特番

「世界一周するまで帰りません」間寛平さんが挑戦 マラソンとヨットで ...
posted by ぴかまま at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 間寛平「アースマラソン」

2008年12月28日

大雪 山形新幹線、5時間不通…う回の乗客ぐったり

大雪 山形新幹線、5時間不通…う回の乗客ぐったり12月27日21時17分配信 毎日新聞

強い冬型の気圧配置となった27日、全国的にこの冬一番の冷え込みとなった。北日本を中心に東〜西日本の日本海側でも大雪となり、JR山形新幹線が風雪による倒木でストップし、乗客が車内に閉じ込められるなど約5時間不通になったほか、北海道・東北などを発着する航空機も同日午後4時現在、25便欠航し、帰省の足を直撃した。

 気象庁によると、同日午後10時現在、積雪は多いところで▽青森市・酸ケ湯(すかゆ)163センチ▽福島県檜枝(ひのえ)岐(また)村111センチ▽群馬県みなかみ町94センチ。24時間降雪量も福島、岩手県内などで40〜50センチを記録した。この日の最大瞬間風速は▽北海道羅臼町38.1メートル▽山形県酒田市・飛島30.4メートル−−などとなった。

 山形新幹線では、27日午後1時40分ごろ、福島市内の山間部を走行中の東京発山形行き山形新幹線「つばさ181号」(7両編成)が、前日からの降雪と強風の影響で線路側に倒れかかっていた樹木と接触、樹木は架線にも触れ、停電した。

 JR東日本によると、福島−米沢間の下り線が同6時50分まで不通となった。約360人の乗客は約1時間半、車内に閉じこめられた後、現場付近の上り線に臨時停車させた山形発東京行き「つばさ116号」に乗り換えてもらい、福島駅に戻った。その後、さらに東北新幹線で仙台駅まで行き、仙山線で目的地に向かったため、山形駅到着は約4時間以上遅れ同7時過ぎになった。

 福島駅に戻った乗客はぐったりした様子。千葉県の無職、松田康人さん(73)は「突然『バリバリバリ』という音がして電気が消えた。具合が悪くなった人もいた。はしごを使って新幹線から上り下りし、林を横切って雪の中を歩き疲れました」と話した。妻の実家に向かっていた東京都江戸川区の会社員、三輪純史さん(32)は「車内放送があいまいだった。自然災害で仕方がないが、もっとしっかりしてほしい」と憤った。

 28日も北日本を中心に雪を伴う非常に強い風が吹き、海は大しけが続く恐れがあり、同日朝までの24時間の降雪量は東北日本海側70センチの見込み。【樋岡徹也、鈴木一生、松本惇】
posted by ぴかまま at 05:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 間寛平「アースマラソン」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。