2009年02月05日

映画「20世紀少年〈第2章〉」 カンナ役・平愛梨

映画「20世紀少年〈第2章〉」 カンナ役・平愛梨
2009年2月2日(月)17時0分配信 産経新聞

 ■イメージを大切に私生活から役作り

 浦沢直樹原作の人気コミックスを3部作で映画化した第2作「20世紀少年〈第2章〉最後の希望」(堤幸彦監督)。

今作は、1作目のラストに登場したケンヂ(唐沢寿明)の姪(めい)、カンナが物語を引っ張る。

この大役を射止めたのは、3000人の中からオーディションで選ばれた平愛梨たいらあいり)。「原作のイメージを壊さないよう、夢中で演じました」と興奮気味に振り返った。(戸津井康之)

 《自らがしかけた世界同時テロを救ったとして、謎の教団を率いる「ともだち」は、2015年には世界の救世主とあがめられていた。一方でテロの首謀者を押しつけられたケンヂの姪、カンナは、生死不明のケンヂを探しながら、「ともだち」の真相に迫る…》

 24歳だが、女優としてのキャリアは約8年。「落ちたらもう引退しよう、と覚悟を決めてのオーディションでした」と明かす。

 容貌(ようぼう)は原作そっくりのカンナ。役作りとは?

 「撮影現場だけではなく、私生活からカンナになろうと決めました。外見も私服をスカートからパンツスタイルなどボーイッシュに変えました」。これまでの役柄は“おとなしいお嬢様役”が多かったといい、「喜怒哀楽を表に出すカンナの性格はふだんの私に近く演じやすかった」とも。

 登場人物は約300人。オールスターキャストとも呼べる陣容で、「現場ではいつも緊張してしまって…」と苦笑した。休憩中、食事ものどを通らなかったというが、「共演中の常盤貴子さんが『ちゃんとご飯を食べないとだめよ』と言ってくれたり、香川照之さんは私が泣く場面なのに、一緒にそばで泣いてくれたり。みんなが励まし、助けてくれました」と話す。

 1年がかりの撮影。当初は戸惑い続けていたが、「しだいに“私が引っ張らねば”という意識に変わることができました。今年の目標は有言実行。カンナのように強い意志を持って

映画「20世紀少年」の外伝放送
『20世紀少年』1日で8,000万円イベント!太陽の塔炎上!浦沢直樹も「もう泣きそう…」
『20世紀少年』1日で8,000万円イベント!太陽の塔炎上!浦沢直樹も「もう泣きそう…」

映画「20世紀少年 <第2章> 最後の希望」 公式サイト
20世紀少年 - Wikipedia
”ともだち”の正体がカツマタ君となる7つの理由@20世紀少年&21世紀 ...
キャラそっくり?「20世紀少年」豪華キャスト続々 (1/2ページ) - MSN ...
21世紀少年 〜20世紀少年アンオフィシャルファンサイト〜


posted by ぴかまま at 03:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画『20世紀少年』
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。