2011年01月27日

北地方、除雪費ピンチ…仕分けの予算減も響く

北地方、除雪費ピンチ…仕分けの予算減も響く読売新聞 1月26日(水)7時35分配信

 厳しい寒さと降雪が続く東北地方で、除雪作業が追いつかず、市民生活に影響が出ている。

 気温が低く雪が解けないため、積雪量は増すばかりで、各自治体は軒並み、除雪費の補正予算を組む事態となった。事業仕分けで予算が1割削減された国土交通省の東北地方整備局も25日、「国道の除雪費は3月上旬にも資金ショートしかねない」との危機感を示した。

 「歩道の雪が人の背丈ほどになり、通学の子供が車道を歩かざるを得ない」。青森市にはそんな苦情が届いている。同市では市街地の積雪が23日に今季最高の1メートル30となり、24日、「平成18年豪雪」以来5年ぶりに豪雪対策本部を設置した。

 市から委託された業者のロータリー車がフル稼働しても除雪が間に合わず、市民の苦情・相談は1月だけで前年同期の2倍の4222件(24日現在)に。水道管の凍結・破裂も1月は同2・6倍の307件(23日同)に上った。

 除雪費が足りなくなった青森県弘前市は3億円を増額補正したが、「寒さが続けば、さらなる追加予算もあり得る」と困惑する。

 秋田市も除雪費を12日に4億円、25日に5億円追加する専決処分を行った。市民からは「除雪に来てほしい」「除雪後も雪が残っている」といった苦情などが約1000件寄せられている。 最終更新:1月26日(水)7時35分



posted by ぴかまま at 05:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年10月27日

初雪 札幌で昨年より6日早く 10月観測は6年ぶり

初雪 札幌で昨年より6日早く 10月観測は6年ぶり毎日新聞 10月26日(火)10時41分配信

 発達した低気圧と強い寒気の影響で、札幌市で26日、初雪を観測した。平年より1日、昨年より6日早い。10月に初雪を観測するのは04年以来6年ぶり。

 札幌管区気象台によると、北海道の上空約1500メートルに真冬並みの寒気が入り、27日にかけて強い冬型の気圧配置となる見通し。札幌市の最低気温は1.4度と今季最低となり、同市中央区の道庁前では、通勤中のサラリーマンらが肩をすぼめて歩いていた。【今井美津子】
タグ:初雪
posted by ぴかまま at 05:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年09月23日

<酷暑>19地点で最も遅い猛暑日 千葉県茂原で36.7度

<酷暑>19地点で最も遅い猛暑日 千葉県茂原で36.7度毎日新聞 9月22日(水)19時24分配信

 太平洋高気圧が勢力を強め南から暖かい空気が流れ込んだ22日、日本列島は東日本から西日本にかけて厳しい残暑に見舞われた。千葉県茂原市で全国最高の36.7度を観測するなど、気象庁が観測する921地点中20地点で最高気温35度以上の猛暑日となった。このうち群馬県館林市を除く19地点は、過去最も遅い猛暑日だった。

 気象庁によると、ほかに猛暑日となったのは、静岡市36.3度▽甲府市35.7度▽埼玉県熊谷市35.6度▽三重県伊勢市と愛媛県新居浜市35.3度▽東京都練馬区35.1度−−など。過去最も遅い猛暑日の記録は91年に富山県高岡市、朝日町が記録した9月28日。

 また、東京都心で気温30度を超える今年の真夏日日数は71日となり、1876年の観測開始以来最多となった。【飯田和樹】

30度を超える残暑も、コンビニおでん昨年より販売好調
<真夏日>東京都心で70日記録 過去最多タイに
タグ:残暑
posted by ぴかまま at 04:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年09月21日

<真夏日>東京都心で70日記録 過去最多タイに

<真夏日>東京都心で70日記録 過去最多タイに   毎日新聞 9月21日(火)11時21分配信

 日本列島は21日、太平洋高気圧の影響で東日本から西日本の太平洋側を中心に晴れ間が広がり、午前中から気温が上がった。東京都心では午前10時46分、1週間ぶりに30度に達し、真夏日の日数が04年に記録した過去最多日数の70日に並んだ。

 気象庁によると、いったん後退した太平洋高気圧が再び勢力を強めた影響で真夏のような暑さとなった。21日の東京都心の予想最高気温は32度で、平年より6度以上高くなるという。22日も33度まで上がる見込みだが、23日以降は北日本付近にある前線が南下する影響で天候が悪化し、気温も下がるという。

真夏日 全国586地点に 東京・大手町34.1度毎日新聞 9月6日(月)
タグ:真夏日
posted by ぴかまま at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年09月15日

猛暑から一転、秋らしい朝…9月中〜下旬並み

猛暑から一転、秋らしい朝…9月中〜下旬並み読売新聞

 日本列島は15日、北東から冷たい空気が入った影響で、今月に入っても続いていた猛暑から一転、秋らしい涼しい朝を迎えた。

 東北地方から関東地方を中心に9月中旬から下旬並みの気温となり、気象庁によると、東京・大手町では、午前6時過ぎに20・7度と、平年並みの気温を記録。最高気温は前日の30・4度を下回る26度と予想されている。

 東京・銀座も朝から涼しい風が吹き、長袖のカーディガンなどを羽織って出勤する女性の姿が見られた。
posted by ぴかまま at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年09月11日

海面水温も過去最高=8月の日本周辺―気象庁

海面水温も過去最高=8月の日本周辺―気象庁時事通信 9月10日(金)11時12分配信

 気象庁は10日までに、日本周辺海域の8月の平均海面水温が平年を1.2度上回り、人工衛星の観測データが利用できるようになった1985年以降で最も高かったと発表した。太平洋高気圧に覆われて晴れた日が多く、日射で暖まったほか、台風の発生が少なく、海水が大きくかき混ぜられなかったため。気温が高かったことも、海水の熱が逃げるのを抑える役割を果たしたという。
 日本列島の陸上では8月、北日本(北海道と東北)が平年を2.7度、東日本が2.2度、西日本が2.0度上回り、いずれも46年の統計開始以来最高だった。
 海域別では、太平洋側の東北沖と日本海で平年を2度程度上回った。東北沖ではサンマが不漁となった。


夏の暑さ、あと半月=今度は大陸高気圧―気象庁時事通信 9月10日(金)17時43分配信

 気象庁は10日の1カ月予報で、半月後の24日ごろまでは、ほぼ全国的に気温が平年より高い状態が続く可能性が高いと発表した。太平洋高気圧に代わり、中国大陸からの高気圧が日本列島を覆い、晴れる日が多いと予想されるため。
 これまでのような猛暑ではないが、平年に比べて季節の進行が半月ぐらい遅れており、さわやかな秋の訪れは10月になる見通し。
 同庁は10日の異常天候早期警戒情報でも、16日ごろから23日ごろまでは、北陸、関東甲信から九州にかけての地域で、気温が平年を上回る可能性がかなり高いと発表した。農作物の管理に注意が必要という
タグ:気象庁
posted by ぴかまま at 04:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年09月06日

真夏日 全国586地点に 東京・大手町34.1度

真夏日 全国586地点に 東京・大手町34.1度毎日新聞 9月6日(月)11時56分配信

 日本列島は6日も本州を中心に太平洋高気圧に覆われ、全国921の観測地点のうち、30度以上の「真夏日」となった観測地点が正午現在で586地点に上った。

 午後になり、大阪市で35.4度を記録して今年の「猛暑日」が29日となり、観測史上最多となった。東京・大手町でも34.1度(午後0時25分現在)まで気温が上昇した。

 この暑さの中、東京都江東区の「シンボルプロムナード公園」では、羽毛のような穂を付けた数百株のパンパスグラスが風に揺れている。イネ科の大型多年草で、穂は高さ3メートルほどに伸びた。10月上旬ごろまでが見ごろで、入場無料。【津村豊和】
タグ:真夏日
posted by ぴかまま at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年09月05日

京都で今年最高39.9度=9月の記録、10年ぶり更新―気象庁

京都で今年最高39.9度=9月の記録、10年ぶり更新―気象庁時事通信 9月5日(日)16時53分配信

 日本列島は5日も高気圧に覆われ、関西地方を中心に記録的な猛暑になった。

京都府京田辺市では39.9度と、全国で今年最高気温となったほか、9月の国内最高気温を10年ぶりに更新した。全国921観測地点中128地点で35度以上の猛暑日、653地点で30度以上の真夏日となった。

 猛暑は今週も全国的に続くとみられ、気象庁は熱中症などに対する警戒を呼び掛けた。

 ほかに気温が高かったのは京都府福知山市38.3度、兵庫県西脇市37.9度、京都市37.7度など。39度以上の観測は今夏3回目。京田辺市など3地点で観測史上最高気温を更新したほか、51地点で9月の最高気温を更新した。 

岐阜で39・1度、10年ぶり9月に39度台
posted by ぴかまま at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年09月04日

岐阜で39・1度、10年ぶり9月に39度台

岐阜で39・1度、10年ぶり9月に39度台読売新聞 9月4日(土)15時20分配信

 日本列島は4日も関東以西の各地で厳しい残暑となり、午後2時40分現在、岐阜県郡上市で39・1度に達し、9月としては10年ぶりに39度台の記録的な暑さとなった

 気象庁によると、愛知県東海市で38・8度、京都府京田辺市で38・5度などで9月の最高気温を更新した。

 東京・大手町でも35・9度の猛暑日となった。 最終更新:9月4日(土)15時20分

posted by ぴかまま at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年09月03日

<猛暑>統計以来113年、最も暑い夏に 6〜8月平均気温

<猛暑>統計以来113年、最も暑い夏に 6〜8月平均気温毎日新聞 9月2日(木)7時59分配信

 気象庁は1日、今夏(6〜8月)の全国の平均気温が平年より1.64度高く、1898(明治31)年の統計開始以来最高だったと発表した。特に8月は平年を2.25度も上回った。暑さは9月も続く見通しで、1日も気象庁が観測する921地点中242地点で9月の観測史上最高気温を記録。157地点で35度以上の猛暑日、789地点で30度以上の真夏日となった。気象庁は「異常気象」として3日に専門家などによる分析検討会を開く。

 全国の平均気温は、都市化の影響が少ない国内17地点の平年との差を平均して算出。過去の夏の平均気温の1位は、94年の平年比プラス1.36度だった。地域別でも、北日本と東日本が過去最高で、西日本も4位。8月の平均気温は、沖縄・奄美を除く全地域で平年を2度以上上回り、過去最高だった。

 地点別では、全国154カ所の気象台・測候所などのうち、夏の平均気温は55カ所、8月の平均気温は77カ所で過去最高。夏の平均気温が最高だった主な地点は▽札幌市22.0度(平年比プラス2.4度)▽東京都心27.1度(同2.3度)▽名古屋市27.0度(同1.8度)−−など。8月の平均気温が最高だった主な地点は▽東京都心29.6度(同2.5度)▽大阪市30.5度(同2.1度)▽福岡市30.3度(同2.7度)−−だった。

 気象庁は高温の原因として▽偏西風の北への蛇行により、勢力の強い太平洋高気圧に覆われた▽オホーツク海高気圧などの影響がほとんどなかった−−を挙げる。特に太平洋高気圧については、気象庁が大気に関する詳細なデータを解析し始めた79年以降で、最も勢力が強かったという。

 気象庁によると、今後も太平洋高気圧の勢力が強い状態は続く。少なくとも向こう1週間は各地で猛暑日が観測される可能性が高く、中旬までは真夏日となる日があるという。【飯田和樹

<熱帯夜>ついに最多更新…東京都心で48日
posted by ぴかまま at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年09月01日

<熱帯夜>ついに最多更新…東京都心で48日

<熱帯夜>ついに最多更新…東京都心で48日毎日新聞 8月31日(火)20時2分配信

 気象庁によると、東京都心で31日、熱帯夜(最低気温25度以上)の日数が94年の47日を上回る48日となり、最多記録を更新した。この日も東京都心は太平洋高気圧に覆われ、最高気温が23日以来の猛暑日となる35.8度まで上昇していた。

 また、東京都心の熱帯夜の連続日数の記録は84年8月に記録した23日。今年は31日時点で22日連続となっている。気象庁天気相談所は「まだしばらく暑い日が続くため、記録更新の可能性が高い」とみている。【飯田和樹】
タグ:熱帯夜
posted by ぴかまま at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年08月29日

<熱帯夜>最多記録22地点で更新中 東京都心もあと「2」

<熱帯夜>最多記録22地点で更新中 東京都心もあと「2」8月29日2時32分配信 毎日新聞

 厳しい残暑が続き日中の最高気温が連日話題になるが、夜の最低気温があまり下がらないのも今年の特徴だ。気象庁によると、26日時点で青森市や横浜市、松江市、山口市など22地点で熱帯夜(最低気温25度以上)の最多日数記録を更新している。東京都心も、29日にも過去最多タイの47日に並び、更新することが確実な情勢。東・西日本は9月初旬も暑さが続く見通しで、しばらくは寝苦しい夜が続きそうだ。

 熱帯夜の原因として真っ先に挙げられるのが、コンクリートやアスファルトで覆われた地面が日中に蓄積した熱を夜間に放出し、気温が下がらないヒートアイランド現象。特に東京や大阪など大都市部で熱帯夜が多い主要因となっている。

 しかし、今年は新潟県佐渡市や静岡県三島市など大都市部以外でも、熱帯夜日数の記録更新が目立つ。気象庁天気相談所は「いくら暑いといっても、例年は台風や前線の影響などで天候が悪化する時があるが、今年はそれが少ない。また、太平洋高気圧の中心が日本列島付近にあり、風が弱いことも気温が下がらない原因だろう」と説明する。

 東京都心の熱帯夜日数の最多記録は94年の47日。今年は28日時点で46日に達し、今後も熱帯夜が続けば29日に並び、30日に更新することになる。同相談所は「今後も暑い日が続く見込みで、最短で記録を更新する可能性は高い」とみている。

 熱中症の危険性は夜にもある。東京都監察医務院によると、梅雨明け以降の東京23区内の熱中症による死者125人のうち、死亡時刻が不詳の人を除くと約4割が夜間に死亡した。

 同医務院は「夜間も室内の風通しをよくして、高温多湿にならないようにするなど、十分な対策をとってほしい」と呼び掛けている。【飯田和樹】

タグ:熱帯夜 気象
posted by ぴかまま at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年08月25日

熱中症の救急搬送者が4万人超、半数が65歳以上

熱中症の救急搬送者が4万人超、半数が65歳以上8月24日14時38分配信 医療介護CBニュース

 今年5月末から8月22日までの12週間に、熱中症と見られる症状で搬送された人が4万人を超えたことが8月24日、総務省消防庁のまとめ(速報値)で分かった。搬送された人のほぼ半数が65歳以上だった。都道府県別では、東京が3154人で最多。人口10万当たりで最も多かったのは鳥取の48.10人だった。

 消防庁によると、集計を始めた5月末から8月22日までに熱中症と見られる症状で搬送された人は4万1020人。うち1万8987人(46.3%)が65歳以上の高齢者で、昨年7-9月の全搬送者数(1万2971人)を上回った。これまでの死亡者は145人。
 8月16-22日の週には、東京で猛暑日を3日間観測するなど全国的に暑い日が続き、搬送者数は前週の3446人から9259人に急増した。これは、7月19-25日の週の9901人に続き2番目に多い数で、5月末以降の累計は、前週までの3万1579人から一気に4万人の大台に乗った。

 8月16-22日の週の搬送者数を都道府県別に見ると、大阪が839人で最も多く、東京(819人)、愛知(614人)、埼玉(579人)などが続いた。年齢別では18-64歳が4534人(49.0%)で全体のほぼ半数を占め、65歳以上の高齢者(3834人)を上回った。死亡は16人だった。

 23日以降も暑い日が続いており、同庁ではこまめに水分補給するよう注意を呼び掛けている。
タグ:熱中症
posted by ぴかまま at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年08月23日

処暑」なのに「猛暑」、9月も30度超続く?

処暑」なのに「猛暑」、9月も30度超続く?8月23日14時33分配信 読売新聞

 23日は暑さが和らぐとされる「処暑」。

 しかし、午前中から各地で気温が上がり、正午までに東京・練馬では36・0度、大阪市でも35・2度を記録した。

気象庁によると、今週中も西日本を中心に35度以上の「猛暑日」が観測される見込み。9月に入っても平年より暑い日が多いといい、厳しい残暑は当分続きそうだ。23日は午後0時44分に東京・大手町で34・9度、名古屋でも午前11時18分に34・4度となっている。

 同庁によると今週も最高気温は東京で33〜35度、名古屋で33〜35度、大阪で34〜36度となる見通しで、全国的に平年より2、3度高い状況が続きそう。9月前半も各地で30度以上の「真夏日」が相次ぐという。8月中旬(11〜20日)の西日本の平均気温は平年より2度高く、1961年の観測開始以来最高を記録。東日本も1・8度高く、過去2番目となった。今月22日までに、東京(大手町)では猛暑日が8日あり、過去2番目に多かった2001年に並んだ。名古屋は14日、大阪は23日も含めると17日あった。 最終更新:8月23日14時33分

岐阜・多治見で38.8度=西日本中心に猛暑続く―気象庁8月18日
posted by ぴかまま at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年08月18日

岐阜・多治見で38.8度=西日本中心に猛暑続く―気象庁

岐阜・多治見で38.8度=西日本中心に猛暑続く―気象庁8月18日18時10分配信 時事通信

 日本列島は18日も、勢力の強い太平洋高気圧の影響で、全国的に厳しい暑さとなり、岐阜県多治見市で全国最高の38.8度を記録した。

921観測地点中、最高気温35度以上の猛暑日となったのは145地点、30度以上の真夏日も660地点となった。

 最高気温が38度台後半になったのは、今月5日に福井県坂井市で記録された38.6度以来。気象庁は、19日以降も西日本を中心に猛暑が続くとして、水分を小まめに取るなど熱中症対策を呼び掛けた。
 ほかに高温となったのは、三重県桑名市38.5度、愛媛県西予市と大阪府堺市の38.0度など。西予市は観測史上最高を記録した。

東京練馬区で38・2度、多治見38・1度8月17日
posted by ぴかまま at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

東京練馬区で38・2度、多治見38・1度

東京練馬区で38・2度、多治見38・1度8月17日16時40分配信 読売新聞

 太平洋高気圧の影響で、日本列島は17日も朝から気温が上がり、全国142の観測地点で最高気温35度以上の「猛暑日」となった。

 午後4時現在の最高気温は、三重県桑名市と東京都練馬区の38・2度。岐阜県多治見市でも38・1度となった。気象庁は熱中症などへの注意を呼びかけている。東京都千代田区は午後1時頃、この夏一番の37・2度を記録した。 最終更新:8月17日16時40分

練馬もう37度、今夏最高レベルの暑さに
タグ:猛暑日
posted by ぴかまま at 04:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年08月16日

練馬もう37度、今夏最高レベルの暑さに

練馬もう37度、今夏最高レベルの暑さに8月16日11時40分配信 読売新聞

 勢力の強い太平洋高気圧の影響で、16日の日本列島は朝から気温が上がり、群馬県館林市で午後0時40分現在、気温が37・1度を記録した。

 東京都練馬区でも37度となるなど、最高気温が35度以上の「猛暑日」を記録した地点は68か所になった。気温が30度以上の「真夏日」の地点も全国で622か所となっており、気象庁は熱中症などへの注意を呼び掛けている。

 15日に、7月24日以来の「猛暑日」となった東京都心では16日、千代田区でも午後1時に35・7度を記録。同庁では、「猛暑日」の観測地点が今夏最高の179地点に上った今月6日並みの暑さになるとしている。

 同庁によると、太平洋高気圧の張り出しは今後も続くため、関東や東海地方を中心に、今月末まで厳しい暑さが続くという。 最終更新:8月16日13時21分

猛暑日本一・熊谷市、高齢者に「熱中症計」配布
天気 猛暑日、真夏日の地点が今年最多に 2度目のピーク
タグ:猛暑日
posted by ぴかまま at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年08月12日

台風、秋田付近上陸へ=大雨、暴風に警戒を―気象庁

台風、秋田付近上陸へ=大雨、暴風に警戒を―気象庁8月12日16時32分配信 時事通信

 台風4号は12日午後、速度を上げて日本海を北上し、東北地方に接近した。夕方に秋田県付近に上陸し、夜には岩手沖の太平洋に抜ける見通し。近畿から北海道にかけての広い範囲で局地的に激しい雨が降り、気象庁は大雨や暴風、高波に警戒を呼び掛けた。
 台風は12日午後3時、山形県酒田市の西北西約80キロにあり、時速45キロで東北東へ進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。南東側390キロ以内と北西側200キロ以内が15メートル以上の強風域で、北陸と関東の北部、東北が入った。 

台風、東北か北海道上陸へ=全国で大雨に警戒を―南から湿った風・気象庁

1. 気象庁: 台風情報

2. 台風予想進路図(気象庁発表)
3. 台風4号進路図(気象庁発表)
4. 台風情報 - アジア広域 - Yahoo!天気情報
5. 台風EYE(アイ)- Yahoo!天気情報
タグ:台風 台風4号
posted by ぴかまま at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

台風、東北か北海道上陸へ=全国で大雨に警戒を―南から湿った風・気象庁

台風、東北か北海道上陸へ=全国で大雨に警戒を―南から湿った風・気象庁8月12日1時21分配信 時事通信

 台風4号は11日午後、山陰沖の日本海を東北東へ進んだ。日本列島に南から湿った空気が流入し、北海道付近の前線活動も活発なため、全国の広い範囲で局地的に激しい雨が降った。

台風は12日夜に東北か北海道に上陸、横断する可能性が高まった。気象庁は引き続き大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。

 台風は12日午前0時、松江市の北北西約120キロにあり、時速25キロで東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル。南東側410キロ以内と北西側220キロ以内は15メートル以上の強風域。

 13日午前0時までの24時間予想雨量は、多い所で、東海と東北が200ミリ、近畿と北陸、関東甲信、北海道が150ミリ、中国が100ミリ。

 九州北部から東北の最大風速は海上が20〜23メートル、陸上が18〜20メートル、波の高さは5〜6メートルと予想される。大潮の期間のため高潮にも警戒が必要。
タグ:台風 台風4号
posted by ぴかまま at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2010年04月14日

北日本や北陸、15日にかけて大荒れの天気

北日本や北陸、15日にかけて大荒れの天気4月14日5時10分配信 読売新聞

 発達中の低気圧の影響で、北日本と北陸は14日から15日明け方にかけて、20メートル以上の強風が吹き、海上も大しけとなるため、気象庁は暴風や高波への警戒を呼び掛けている。

 同庁によると、14日に予想される最大風速は北日本の日本海側の陸上で20メートル、北日本の太平洋側や北陸の陸上で18メートル。海上でも20―25メートルの強風が吹く。北日本では、強い寒気の影響で雪を伴い、吹雪となるところもある。

 北日本や北陸の沿岸では大しけも予想され、波の高さは5―7メートルが見込まれている。 最終更新:4月14日5時10分

posted by ぴかまま at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。