2009年05月21日

<漢検協会>「今年の漢字」も架空発注 前理事長代表会社に

<漢検協会>「今年の漢字」も架空発注 前理事長代表会社に5月21日10時37分配信 毎日新聞

 日本漢字能力検定協会の背任事件で、前理事長の大久保昇容疑者(73)が代表を務める広告会社「メディアボックス」への架空発注業務に、協会の「今年の漢字」の企画・運営などが含まれていたことが分かった。架空発注の費目の総額が約3億8000万円に上ることも判明。大久保容疑者らが花形行事を運営する陰で、多額の利益を得ていた疑いが強まった。

 京都地検の調べによると、協会から架空発注されていた業務の費目は「進行管理費」と「年間プロモーション企画費」で、大久保容疑者親子の逮捕容疑となった05年9月〜09年1月は計約2億6000万円。協会の資料によると、こうした取引が始まった01年1月以降の時効分を含む総額は進行管理費1億8956万円、年間プロモーション企画費1億8879万円に上った。

 委託業務内容には、「今年の漢字」やパソコン・ワープロの変換ミスの面白さを競う「変漢ミスコンテスト」のイベント企画及び運営が含まれていた。

 しかしメ社にはこうした業務を担当する社員はおらず、実際の行事の企画や運営は協会職員が行っていた。【木下武、広瀬登】

<漢検>前理事長父子を背任容疑で逮捕…京都地検5

★★★

懸命の自衛策 「ヤフオク」でマスクが高騰
東京、川崎で感染確認 同じ学校の女子生徒
新型インフル、家庭の対処法・・家族に症状 看護は別室、マスクで・・休校した時の過ごし方

裁判員制度、きょう始動 初の審理、7月下旬にも

杏と小澤征悦に交際説急浮上…家族ぐるみの付き合い
フリーアナ・山田玲奈、慶応先輩と結婚

<夏日>札幌で今年初

再生水、どんな味?=宇宙基地で若田さんら試飲−尿など再利用の装置稼動

★★★芸能の話題

松本人志さんを射止めた才媛・伊原凛さん〜美人すぎる」藤川ゆりさんも祝福

岡田奈々 再ブレークか!?
元アナウンサーの頼近美津子さんが死去
常盤貴子に仲間由紀恵、浜崎あゆみまで…スターの知られざる“無名時代”

★★」


posted by ぴかまま at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。