2009年07月20日

織田裕二「すぐにも続編を」超満員に大興奮!

織田裕二「すぐにも続編を」超満員に大興奮! 2009.7.19 16:23

ロケ地、イタリア・アマルフィの名産酒「レモンチェッロ」で初日を祝った左から佐野史郎、戸田恵梨香、天海祐希、織田裕二=東京・台場

 俳優、織田裕二(41)の主演映画「アマルフィ 女神の報酬」(西谷弘監督)が18日、全国357スクリーンで封切られ、興行収入50億円を狙えるロケットスタートを切った。

東京・台場のシネマメディアージュで舞台あいさつに立った織田は、超満員の観客に大興奮。「すぐにでも続編を作りたい」と、40代の代表作にすべく、熱い思いを口にした。

 話題作めじろ押しの夏休み映画の中でも、仲間由紀恵(29)主演の「ごくせん」、米人気シリーズ作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」と並んで高い注目を集めていた「アマルフィ」が、予想に違わぬ好調な滑り出しを見せた。

 配給の東宝によると、この日午後1時時点で、4年前に同じ7月公開で、興収23億円の大ヒットとなった柳楽優弥(19)主演の「星になった少年」(フジ製作、東宝配給)の動員対比232%を記録。フジ開局50周年映画の冠にふさわしく、興収50億円を狙えるロケットスタートだ。

 初日舞台あいさつが行われたシネマメディアージュも、320席がすべて埋まる超満員。後方の扉から客席を縫って登場した織田、天海祐希(41)ら主要キャストは、観客と握手を交わしながら初日の盛況ぶりをかみしめた。


 映画は、ローマで発生した日本人少女誘拐事件を軸に、外交官の活躍を描く物語。織田は、誠実な青年を演じた「東京ラブストーリー」、熱い刑事を演じた「踊る大捜査線」などとは一転、大人の色気を持つ冷静な外交官・黒田を好演。「最初はおっかなビックリだったんですけど、やっていくにつれ、すごく黒田という魅力にひかれていって−。すぐにでも続編を作りたい」と力強く語ると、場内から盛大な拍手がわき起こった。

 織田はいよいよ、173.5億円という実写邦画NO.1興収記録を持つ「踊る大捜査線 THE MOVIE2」の続編(来年以降公開予定)に取りかかる。「アマルフィ」の製作サイドも、「踊る−」のようにシリーズ化を熱望し、「踊る−」で演じた青島刑事の“青”に対抗して“黒い織田(=黒田)”と呼んで期待を寄せている。

 映画がこのままヒットすれば、続編製作の可能性は大。“黒い織田”も、彼の代表作となりそうだ。

. アマルフィ 女神の報酬 公式サイト


2009年07月03日

佐藤浩市が織田裕二主演映画の秘密を暴露

織田裕二に佐藤浩市も!「ここだけの話」暴露で大盛り上がり!!
2009年6月25日(木)6時0分配信 シネマトゥデイ

-PR-
 映画アマルフィ 女神の報酬』の完成披露試写会が24日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、主演の織田裕二佐藤浩市が、キャストの知られざる素顔や撮影秘話を暴露し、会場に集まった約600人のファンを盛り上げた。

 本作は、日本映画として初となる全編イタリアロケを敢行したサスペンス超大作。ローマで発生した日本人少女誘拐事件を発端に、外交官の黒田康作(織田)がイタリア全土を巻き込む大規模連鎖テロの真相を突き止めようと奔走するストーリーだ。

 「奇跡が詰まった作品」と熱っぽく語る織田は、関係者向けの試写中、隣に座った天海祐希がクライマックスで感極まって涙を流したと暴露。これに対して天海も「泣かせていただきました。(登場人物たちの)いろんな思いが迫ってきて……」と少し照れながらも素直に認め、作品がサスペンスの枠を超えた感動作に仕上がったと、自信をのぞかせた。

 一方、佐藤は全編イタリアロケと銘打った本作で、唯一日本国内のセットで撮影したシーンがあると暴露。「プロデューサーには口外しないでくれと言われましたが……」と語る問題のシーンは、イタリアで撮影したもののフィルムが感光してしまい、仕方なく日本で再度撮影をしたんだとか。本作最大のセールスポイントに、ケチが付きかねないこの重大暴露に、織田らも一瞬苦笑したが、隣に立つ佐野史郎が「話は聞いていたが、どの場面? 観ていてもわからなかった」と逆にその撮影の見事さを絶賛し、大人のフォローで場を収めていた。

映画『アマルフィ 女神の報酬』は7月18日より全国公開

『アマルフィ』織田裕二に「車にひかれろ」と驚きの注文
織田裕二、「踊る大捜査線」青島俊作に続く当たり役ゲット!?
織田裕二×福山雅治、初共演「アマルフィ

★★★

佐藤浩市が織田裕二主演映画の秘密を暴露
2009年6月24日(水)20時40分配信 日刊スポーツ

 織田裕二(41)の主演映画アマルフィ 女神の報酬」(西谷弘監督、7月18日公開)の完成披露試写会が24日に東京・六本木で行われ、織田と共演した佐藤浩市(48)が“禁断の秘密”を明かした。

 同映画はセット部分を含め、全編イタリア国内で撮影したはずだった。ところが佐藤の出演場面の一部撮影フィルムが感光してしまい編集不可能となってしまった。佐藤は「これはプロデューサーから言わないでくれと言われましたが、もうぶっちゃけちゃいます。日本で1カットだけ撮っちゃいました」。予想外の“告白”に織田も苦笑い。佐藤は「(フィルム事故の)報告を聞いた時は帰国していたので、またイタリアに行くのかよ〜、と思いましたが、イタリアの撮影現場の採寸を記録してあったため、同じものを日本のスタジオに作って撮影したんです」と説明した。
 共演の佐野史郎(54)は「再撮影したのは聞いていましたが、どの場面なのか分からなかった。すごいですね」と感心していた。

2009年06月26日

『アマルフィ』織田裕二に「車にひかれろ」と驚きの注文

『アマルフィ』織田裕二に「車にひかれろ」と驚きの注文
2009年6月24日(水)22時30分配信 東京ウォーカー

アマルフィ 女神の報酬』のロケ地がイタリアということで、会場もイタリアンカラーに!

織田裕二主演、フジテレビ開局50周年記念映画アマルフィ 女神の報酬』(7月18日公開)が遂に完成! 6月24日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで完成披露舞台挨拶が行われ、織田裕二天海祐希戸田恵梨香佐藤浩市佐野史郎伊藤淳史西谷弘監督が登壇した。

フジテレビ史上最高の製作費を投じ、オールイタリアロケで撮ったこの話題作。

織田が扮するのは、イタリアで起こった大規模なテロに挑む外交官・黒田康作役だ。イタリアのいくつかの観光名所で無茶なロケを敢行したが、なかでも織田裕二は、スペイン広場で西谷監督から受けた指示に、一瞬耳を疑ったと言う。

「台本を読んでもそんなシーンはなかったんですが『ここで車にひかれてくれ』と監督から言われて。てっきりスタント(マン)がやると思っていたら、そこでの衣装を渡されて(苦笑)。まさかスペイン広場であんなことをやらされるとは」

そのシーンを見ていた天海は、「ハラハラしました。その動きを一連で撮ったカットがあるんですが、あそこは本当に興奮しました」とコメント。MCが「いきなり思いたったのですか?」と質問すると、当の西谷監督は「スペイン広場を見てて、そう思いました」と表情を変えずにさらりと答える。

西谷監督の妥協を知らない演出は、佐藤浩市のエピソードからも明らかになった。佐藤いわく「西谷さんは完璧主義なんですよ。これはプロデューサーからは言わないでくれって言われてたんですが、実は1カットだけ日本で撮ったシーンがあるんです。ある現像所のミスで使えなくなったもので。でも、さすが西谷さん、そのシーンをぜひやりたいと言ったそうで……」。なるほど、通常1カットくらいならそこだけカットすれば済む話なのだろうけど、なんと東宝スタジオでその1シーンだけの撮影のためにセットを最初から組みたてて、撮り直したのだという!

佐藤は、仕上がりについて「映画で贅沢な気持ちになれることを思い出させてくれた映画」と心から絶賛。織田も試写を観た感想をこう述べた。「すべてを観終わったあと、横を見たら、天海さんが涙を流されてて、すごくどっきりしました。本当に観るとどんどん引き込まれていき、感情が高ぶっていく映画です」。天海も「あるシーンから堰を切ったように泣き始めました。いろんな思いで観てほしい映画です」と映画をアピール。

繰り返しますが、オールイタリアロケ(あ、1カットのみ日本ロケ……)の美しい映像はまさにどこを切り取っても映画的。織田裕二扮する外交官・黒田の魅力はもちろん、原作者・真保裕一によるサスペンスの予断を許さない展開も、観るものを釘付けにする。現在、NTTドコモの携帯動画で序章『アマルフィ ビギンズ』を配信中なので、まずはそこからチェックして、7月18日(土)の公開に備えよう。【MovieWalker/山崎伸子】

アマルフィ 女神の報酬 公式サイト

アマルフィ - Wikipedia
Amazon.co.jp: アマルフィ: 真保 裕一: 本
アマルフィ海岸
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。